丸の内界隈に正月ガラガラを期待(2)オフィス街の前に歴史トラップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

ルート上はJR飯田橋駅からのアプローチ、
同じくJRの有楽町駅をゴール「的」な
想定としました。

実際は武蔵野市方面から
中野・新宿を通り飯田橋に至っています。
ヘロヘロで。

前述の通り、
ここ2週間というもの自転車から遠ざかり、
出かけようと愛車を引っ張り出したら、
フレームにうっすらと埃が積もっている始末。

走り出したら走り出したで、
体、特に腹は重くキレは悪く、
すぐに息が上がってしまうのは困りものでした。
救いは天気が良く、
昼近くの外出スタートとは言え
寒さも厳しく無かったことです。
昔TVで見た、青空にして人気のない
オフィス街を自転車で走ることができそうです。

しかし自分が意図したこととはいえ、
途中の正月の道には人出が予想以上で、
信号のないところを渡る人が頻出、
所によっては歩道車道の区別を
おかまいなしに歩いていたりします。
正月から人身事故を起こしたくないので、
自分の体調が整うまでの待ちも兼ねて、
安全第一、抑えたペースで走り続け、
ようようヘロヘロ飯田橋に至り、
そしてさらに皇居方面に向かいました。

大手町オフィス街

大手町のビル群が見えてきました。

皇居風景

右手には皇居。
皇居周辺は上質な路面のサイクリストホイホイ効果で、
サイクリストがもうチラホラ。

大手町オフィス街

こちらはお目当てのオフィス街に侵入・・・、

将門塚

しようとしたところ、
いきなり歴史好きホイホイの作動ポイントに
引っかかってしまいました。

将門塚

その名も「将門塚」です。

平将門の首塚

広くはないながらも設備がキレイなので、
自転車をロックして見物モードです。

将門塚

自分は寡聞にしてこの場所を知りませんでしたが、
通りかかり立ち寄る外国人観光客も含め、
誰かしら参拝客だか見物が居る状態でした。

将門塚

将門塚

将門塚案内

元は神田明神のあった地である由。

将門塚

将門塚

将門塚

線香その他が備えられ、
人が入れ替わり立ち替わり状態です。
(写真は人がいなくなるタイミング待ちの
末での撮影)

碑の周りのカエルについては??でしたが、
wikipedia参照でとりあえず納得です。

将門塚案内

酒井家上屋敷跡

ちなみにこの地には
こんな案内もありました。
「先代萩」は知りませんでしたが、
山本周五郎「樅の木は残った」は
長さと難しさに辟易しながら
かなり昔に読んだことを思い出しました。
正確に言うと、思い出せなかったというに近く、
そうかアレ伊達騒動の話だったのか、
という体たらく。
(「仙台萩」かと思ってました・・)

さらに正確に書くと、
「伊達騒動」も名前を知っている程度で、
どこが歴史好きか、というハナシですが。

伊達騒動(wikipedia)

先代萩(wikipedia)

ここは外国人観光客枠で見物した、
ということにしておきます。
本命は何しろ正月のオフィス街なのですから。
と言い訳をしつつ、
いよいよオフィス街を進みます。

続きます。

<今日のひとネタ>

「週刊文春」の掲載記事から、
土橋章宏・著「スマイリング! 岩熊自転車 関口俊太」

 デビュー作『超高速! 参勤交代』が小説も映画もヒットした土橋章宏さん。新作『スマイリング!』はデビュー前に函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞グランプリを受賞した作品がもとになっている。「僕は大…

「超高速! 参勤交代」は映画しか見ていませんが、
面白かったので、
本作も期待が持てるところ。

Amazonで土橋章宏の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

機械描写と肉体鍛錬が
読みどころであるらしい。
少年ものなので、
腹を引っ込める方法には
おそらく期待できないのが残念であります。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ