奥多摩むかしみちはムズカシ道(9)吊り橋がハシゴとはこれ如何に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

続きです。

サイクリングに来て、
自転車で走れています。
幸せです。
なんか不幸の後みたいな・・。

DSCN0634

DSCN0636

DSCN0638

放流・・はある筈がありません。
もともと水不足を目で確かめるのが
最終目的であるのを久しぶりに思い出しました。

奥多摩むかしみちはムズカシ道(1)輪行の難を何とする
ここ何度か秩父の山を走ったもので、 生意気に、 青梅・奥多摩が懐かしいぜ、 などと思いました。 それで生意気仕上げに、 奥多摩へ行くことにしました。 折良く、というかちっとも良いことはないですが、 関東の水不足が続いていま...

DSCN0640

DSCN0641

全部汗になる季節は、
トイレ不要のこわいもん無し。

DSCN0649

落石表示は初めて見ました。
実物は先に見ていますが。

DSCN0650

木々の間から、渓谷があるのを見て取れます。

DSCN0651

木々あり過ぎで、満喫はできないのです。

DSCN0653

うっかり通り過ぎてしまいそうですが、

DSCN0656

今回見たかった&渡りたかった吊り橋、
しだくら橋です。
このサイズで剥き出しの鉄骨構造がカッコいい。
もうほとんど
目的を達したかの如き心境です。
(伏線なのです)

DSCN0658

DSCN0657

DSCN0664

渡ってみると「惣岳渓谷」が
ようやく一望できます。

DSCN0670

DSCN0672

特に何もないので引き返します。

DSCN0680

むかしみちに戻ってどんどん行きます。

DSCN0683

DSCN0685

enmusubi

「・・・」にtechniqueを感じます。
僕も真似してみましょう・・・。
割に二股大根にどぎつい感じがしますが、
下衆のカングリというものでしょう。

DSCN0693

DSCN0694

往時はさぞ賑やかだったのでしょう。

DSCN0695

どんどん行きます。
コメントの少なさで疾走感を表現しています。
(ウソです)

DSCN0699

DSCN0697

馬頭観音のみならず牛頭(ごず)観音様もあるとは。

DSCN0707

DSCN0703

さっきが耳で、今度はむし歯です。
次は泌尿器科あたりでしょうか。

DSCN0709

DSCN0715

今回見たかった&渡りたかった吊り橋です。
(↑「しだくら橋」のくだりのコピペです)
・・・名前なんだろ?

DSCN0716

DSCN0719

もう吊り橋いいよ、
とツッコミを入れつつ、
それでも渡ってしまうのが
吊り橋ってものです。
吊り橋のハシゴってやつなのです。

DSCN0720

DSCN0725

DSCN0728

うーん鉄骨がカッコイイ。
感想同じですが、コピペではありません。

DSCN0731

DSCN0735

再びむかしみちを進みます。

思いがけず吊り橋を2つも見て渡って、
なんだかクライマックスを終えてしまった感です。
そしてそんな中でとんだミスに遭遇します。

続きます。

<今日のひとネタ>

現在逍遙中の小河内ダムを過ぎ、
風張峠を越えると秋川渓谷。
そこにアウトドアスポーツの拠点が
オープンのニュースです。

東京都五日市町から檜原村にかけ広がる秋川渓谷。釣り、バーベキュー、ハイキング、サイクリングなど様々なレジャーが

多磨方面がベースの自分からだと、
JR五日市線の武蔵五日市駅スタートが
奥多摩ルートのひとつなのですが、
ちょうど良い感じです。
土日祝日の開始時間が早いのもいいですね。
ぜひ立ち寄ってみたいと思いました。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ