鍵は来て去り/バイクロック2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

2000年代の初頭、
マウンテンバイクが流行った時期がありました。
自分もその頃Amazonで
安物の折りたたみ式マウンテンバイクを買い、
後に自転車屋さんから
ケンモホロロな扱いを受けるのですが。
その頃に買った鍵がこういうタイプ。

友人の呪縛が
まだ効力を発揮するほどでは無かったか、
お安い鍵です。
設定ナンバーを忘れるくらい使いませんでした。

それに反省したものか、
もう少しマシなワイヤー式の鍵を
後追いで購入しています。

J&C(ジェイアンドシー) ワイヤーロック φ16mm×650mm ブルーがケーブルロックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

先のミニコイルの鍵は
しばらくして引き出しにしまわれ、
長く忘れられることになります。

しかしそもそもマウンテンバイク自体にも
愛着を持つには至らず、
あちこち錆を浮かせた姿で
軒先が定位置になりました。

そして10年近く経ち、
自分にクロスバイク期が到来しました。

マウンテンバイク期に買っていたワイヤーロックを
再度持ち出し、
アタッチメントでサドル下に固定にしました。
固定にしたのは持ち運びの利便性からですが、
ワイヤーが大して長くなく、
加えて長さの割に太めなこともあり、
元々、ポールなどに巻き付けるには不向きでした。
そこであえて固定とし、
ホイールにワイヤーを通して
ロックするだけにしました。
このあたりは、
己の購入時の経験不足が見えるところです。

最初の頃は気になりましたが、
たいして高価なクロスバイクではないので、
施錠は都度ちゃんとしつつも
1、2年経過して旧モデル度が進むと
ほぼ盗難を気に掛けなくなりました。

この頃から他人の自転車にも
目を配るようになりましたが、
ここ数年で一般的な普段使いの自転車の価格帯が
上がって来ている気がしています。
盗難の心配が減ったのは、
そんな背景もあります。
盗むならもっとリッパな自転車があるだろ、と。

続きます。

<今日のひとネタ>

駐輪施設等が最近
どこも充実してきているように思われるので、
ひょっとして盗難が減っているのでは?
と思って調べてみたら、
やはりそうらしいですね。

レンタサイクルの増加も要因じゃないでしょうか。
平成26年が逆に増えているのは、
高級自転車の盗難の増加分じゃないかと推定。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ