河口湖から富士山にじり寄り(過去記事)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

前サイトの過去記事からの転載です。
明日からの前フリがわりなのです。


はや一昨年となってしまった2014年の晩秋、
河口湖へ行きました。
輪行で大月まで、大月駅から河口湖周遊、
大月駅戻りのルートです。

途中の道が良くなく、
目の粗いアスファルトのざらざらした印象しか
残ってません。
業務用大型車が多いので、
メンテナンス事情もあるのでしょう。
道幅も広くなく、
もちろん自転車用の走行帯もなし。
途中、サイクリストをほとんど見かけませんでした。
覚えてるのは
富士山が見えて感激したことと、

富士山の風景

リニアモーターカーの実験場の案内表示を見たこと。

山梨県都留市にある、山梨県立リニア見学センターのサイトです。アクセス、最新情報、リニアについて紹介しています。

瞬間、子供向け雑誌で
リニアモーターカーがもてはやされてた時代への
ノスタルジー満艦飾状態です。
「これがリニアのが実験場だ!」みたいな
記事の写真が撮られていたところへ、
3〜40年して不意に出くわしたのでした。
少し泣きそうになったかもしれません。
泣きはしなかったけど。
立ち寄ったりしなかったけど。
感情が大事なのです。

富士急ハイランドも外から眺めました。
中に入ったのは中学生のときの修学旅行でした。
なんか少年時代の自分を探す旅になっとるやんけ、と。

富士急ハイランド オフィシャルウェブサイト「FUJIYAMA/ええじゃないか 」を始めとする4大ジェットコースターや、家族で楽しめる「トーマスランド/リサとガスパールタウン」等を紹介しています。お得なメルマガ会員割引や割引クーポンなどの情報も満載!

湖畔もサイクリスト少なし。
シーズン外れもあったとは思いますが。

河口湖

周回の後半に道の駅があって、
サイクリング中に初めて立ち寄りました。
サイクリング用の駐輪設備は・・・覚えてません。
たぶん無かった。

なぜか、湖畔周回に
爽快さが欠けていた覚えがあります。
理由は今でもわかりません。
風景は美しかったのに。富士山も。
自転車利用者への設備・配慮が
十分ではないのはもちろんなのですが、
それが理由ではありません。
なぜだろう?
車と人の観光地で完成しきっているのだろうか?

富士山と河口湖

帰りは他に適当な距離のルートがなく、
同じ道を辿って帰りました。
それもまたイマイチ感のひとつです。

今年の夏に河口湖に家族旅行(鉄道)で行ったら、
駅から湖畔までレンタサイクルのスポットを
いくつも見かけました。
中国・韓国の観光客が多く、
鉄道・バスの交通機関では中国語ばかりでしたが、
バスで湖を周回したら、
外国人観光客がレンタサイクルで湖畔を走ってるのを
何度も見かけ、
見えた限りでは、ほとんど白人でした。
旅行文化の習熟の差と言えるでしょうか。

サイクリストも見かけましたが、
それほど多くありませんでした。
やっぱり何かがイマイチなのかな?

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ