分水樋見物ミステリー風(6)二ヶ領用水にバイオレンスの香りも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

久地円筒分水を離れ、
自転車は二ヶ領用水を上流に向け辿り始めます。

久地神社

その前にちょっと寄り道して久地神社の風景。

二ヶ領用水久地分量樋

用水遡上に復帰して間もなく、
久地円筒分水の案内表示にもあった、
二ヶ領用水「久地分量樋」跡を見つけました。

二ヶ領用水久地分量樋

二ヶ領用水

二ヶ領用水

往年の写真が眼前の光景となかなか一致しないのですが。

二ヶ領用水風景

用水縁に祠と史跡の案内です。

二ヶ領用水史跡

二ヶ領用水史跡

「久地分量樋」で全てが解決したわけでは無い様で。
川崎、甘くないです。

二ヶ領用水

二ヶ領用水

付近の謎の遺構(?)は「横土手」とやらの
名残なのでしょうか。

二ヶ領用水

二ヶ領用水

抜粋元の「多摩川エコミュージアムプラン」

二ヶ領用水

「工業用水にも使われた」説明ママのような風景ですが、
崖が削られたのはいつ頃か気になります。
用水の開削期なのか「工業」化の頃か。

二ヶ領用水

さらに二ヶ領用水を遡ります。
路面は滑らか、自転車は走り易いです。
久地円筒分水に向かっていた時には、
この道を走るアヴェックのサイクリストも見かけました。

二ヶ領用水

時々、昔は用水から取水していたのかな、
と思われる道を見かけました。
これもその一つ。
あるいは分水が周囲の田畑を潤し終わって
二ヶ領用水に再合流する水路だったかもしれません。

二ヶ領用水

二ヶ領用水

上から東名高速道路、府中街道のバイパス路、
そして宿河原橋です。
後で知ったことに、ちょうどこの向こう側に
「徒然草第百十五段石碑」があるようです。
残念なことに見逃しました。

川崎、気風荒いです。
そう思わせられるエピソードです。

それにしても吉田兼好、
京都のイメージしかなかったのですが、
鎌倉にまで来て滞留していた模様で、
その時に採取した話なのでしょうか。

吉田兼好(wikipedia)

二ヶ領用水

しかし鎌倉期に「宿河原」と呼ばれていた、
ということは
江戸時代に開削の二ヶ領用水の以前から川があった、
用水はそれを利用して開発された、
ということになるのか。

なおも二ヶ領用水を自転車は遡ります。

続きます。

<今日のひとネタ>

相変わらずネットでは自転車盗難ネタに事欠きません。

「大切な自転車が盗まれた!」。彼女はネットを駆使して犯人を追い詰め、逮捕につなげた。まさに執念だった。

ドッペルギャンガーより
ブレード型多関節ロックと長尺ワイヤーのセットが発売です。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2017年2月22日、同社自転車ブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」より、好評販売中のロックにワイヤーをプラスした...

パーツ盗難防止目的用なのでした。
鍵の「組み合わせ」では専門家推奨の使い方がこちら。

新宿バイシクルフェスタでヒアリング/バイクロック5
昨日は、新宿バイシクルフェスタに行ってきました。 あいにくの天気でしたが。 あいにくの天気でしたので。 天気が良かったらサイクリングに出掛ざるをえないところで、 この天候がちょうどよかった、というところです。 ちょうど会場についた...
イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ