分水樋見物ミステリー風(1)久地円筒分水のインパクトに惹かれて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

哲学者ニーチェに「悲劇の誕生」の著作があり、
ギリシャ悲劇から芸術を考察するという内容のようです。
脆弱性を指摘されていた頭脳を酷使して
読んでみた時期がありますが、
その哲学的考察は何一つとして憶えていません。
ただ、ギリシャ悲劇の上演にあたっては、
まず弁士が登壇しこれから演じられる劇のあらすじを説明した、
という史実のくだりだけは感心したものです。
曰く、劇の新奇さや未知数に心を奪われ、
俳優の演技を味わうことを損なうことのないように、
ということらしいのです。
そうかそうかなるほど、と自分。
ホラー映画でワッと現れるオバケは邪道だと思うよオレも、
と独りごちたものです。

などと書いてきたのは、
今回自転車で訪れようと思った目的地が
かなり一目瞭然の構造物で、
見たらそれだけで終わってしまうと考えたためです。
見た目のインパクトに惹かれ
それだけを見ようと思って出掛けたため
特に過程の面白さがあろうと思っていませんでした。
実際はその過程もかなり面白かったのですが。

ともかく結論だけが先にあったサイクリング、
その目的地はこちらでした。

地円筒分水(wikipedia)

wikipediaの写真だけでは伝わらないかもしれないので、
Google検索の画像で見てください。
日本にまだ他にいくつかあるようです。

久地円筒分水

多摩川サイクリングロードの川崎側を使った
ルートがこちらです。

続きます。

<今日のひとネタ>

蜃気楼って、そんなに頻繁に見られるのだっけ?
の疑問もありつつ。
「しんきろうロードレンタサイクリング 」

◆ガイド付きレンタサイクリングプラン◆ 蜃気楼が見える街として有名な「魚津市」でのレンタサイクルプラン。 蜃気楼や各見所をガイドが丁寧にご案内致します。また、電動アシスト付き自転車(大人のみ)なので、どなたでもお気軽にご参加いただけます。

往年の学研「ジュニアチャンピオンコース」の
「日本列島ふしぎ探検」では、
富山湾の空に船が浮かんで見える、
という記事となっていた気がします。
そのレベルで扱われる珍しい現象であるイメージですが、
サイト上にある文言は
「蜃気楼が一番多く出現するのは6月上旬まで」
どれくらいの確率で見られるものかわかりませんが。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ