甲州街道はもう秋なのだ(1)ああ川の流れたどったように

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

東京にやってきたン十年前、
兄と一緒に三鷹の北口に住みつきました。
入学後の新歓コンパなんかで頻出の質問に
「どこ住んでるの? 三鷹?
ああ甲州街道の近く?」
というのがありました。
甲州街道とはそもそもなんぞやから始まり
地理も距離も全くわからないものの、
会話のための会話だろうと心得え、
「あ、そうです」
なんぞ適当に話を合わせたものでした。

甲州街道(wikipedia)

国道20号(wikipedia)

それからどのくらい歳月を経ても
また免許を取得しても
完全無欠のペーパードライバーとして
車を遠ざけたライフスタイルを押し通し、
おかげで道路・交通関連は
少しも詳しくならないままで生きてきました。
そのあたりは自転車に乗るようになって
激変することになるわけですが。

さてその甲州街道こと(ほぼ)国道20号線を
何年も特にそれと意識せず
自転車の遠出の際しばしば利用し始めて数年。
川をたどってサイクリングしたりなぞして
川や道などの地理や歴史に
この上なく興味を持つようになった昨今、
改めて甲州街道とはなんぞや、
という謎がムクムクと頭をもたげてきました。
(ようやくかい、という話ですが)

そしてなにより最近いくつか見た歴史エンタメ番組、

尾上松也の古地図で謎解き!にっぽん探究

BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」

片岡愛之助の解明!歴史捜査の番組ページです。番組情報、プレゼント情報を掲載。

それらで偶然、江戸の開発史の中で
甲州街道が取り上げられていました。
街道は川と並んで「江戸普請」の一環として
欠くべからざる要素であると
改めて認識した次第です。

川を自転車でたどっているのですから、
道ももちろんたどるのが道理というものです。
(シャレのつもりはないのですが)
そう一旦意識スイッチが入り、
甲州街道のための甲州街道散走を
自分の中で考えざるを得なくなりました。
しかし問題はここ数年、
多摩川サイクリングロードと同じくらい
遠出の高速道路代わりに使い、
もはや飽ききっていることです。

それにどうせ走るなら
甲州街道が整備された江戸時代の雰囲気を
味わいながら走りたいところですが、
都内の街道筋に高いレベルで
それらを期待するのは難しそうです。

考えた末、

・交通量が(おそらく)少なく、
沿道をウロウロしても危険が少なそう
・古い史跡が残っていそう
・まだ走っていないので興味を持って
沿道風景を楽しめる筈

としてルートを相模湖駅から大月までと設定、
昔の甲州街道のイメージを構築し、
しかる後に気が向いたら
都内の甲州街道を走ってみる、
ということにしました。
いうなれば、
「おいしいものを先に食べる方式」か、
あるいは
「スターウォーズのエピソード4から公開方式」
といったところでしょうか。

そんなわけで、
甲州街道の相模エリアから
ブラウジングスタートとなります。

相模湖駅

続きます。

<今日のひとネタ>

寒い冬を前に、目・鼻・頬のため
今年はマスクも検討しようかと
検討していた昨今。
サイクルモードに出店していたので
実物を見て話を聞いたのがこちら。

「NAROO MASK」

サイクリング、テニス、ランニング、登山などあらゆるジャンルのスポーツで、四季を問わずご使用いただける防塵、防寒性に優れたスポーツ用マスクです。花粉症対策、PM2.5 、UVカットの効果があります。

UVカットと防塵・防花粉が前面の宣伝でしたが、
防寒はX5シリーズがそれにあたり、
特にX5Sが人気、とのことでした。

オンライン通販のAmazon公式サイトなら、NAROO MASK(ナルーマスク) X5s スポーツマスク フェイスマスク スギ・ヒノキ花粉症対策 UVカット (ブラック)を 服&ファッション小物ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料・返品送料無料。

昨年までは着用すると凶悪な印象になる製品しか
自分は見つけられませんでしたが、
これは試してみようかと思いました。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ