ロマンある史跡巡り散走(1)とっかかりは国分尼寺へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

以前にも言及した荒川弘「百姓貴族」の
シリーズ巻のどこかに
(歴史の浅い)北海道から上京してきたら
史跡が多くて驚いた、
というようなくだりがありました。
自分も同じことを上京した時に感じました。
他、本屋が多いな、とか、
高価い車多いな、とか。

Amazonで荒川 弘の百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。荒川 弘作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

もとは関東の片田舎だったものの、
鎌倉に幕府が置かれ、
江戸幕府の開府からも400年、
近代の首都となって150年ほど、
歴史上の著名人が生まれまたは住んで
史跡の保存にかけられる費用だって、
他よりは多かった筈で、
史跡が転がってる確率は
そんじょそこらの県の比ではない筈です。
したがって、ごく近所でも
ガイドブックにあるような
ちょっとした歴史散歩が可能、
自転車があれば尚更です。

いつもの遠出のように準備を整えてではなく
近場で、沢山ある見どころを割愛し、
ほんの1、2時間で回れる散走コースを
設定しました。
時間も午後だいぶ経ってから。

下記、地図のあるサイトを
複合的に参考にしました。

上を参照しながら、
自分が辿ったルートはこちら。
(地図の表現機能に限界アリ)

JR中央線・国分寺駅南口をスタートとします。
西武多摩湖線・西武国分寺線が始発、
吉祥寺・三鷹と立川の中間に位置し、
中央線特快も停まる大きな駅です。

しかしこれまでこの駅で降りる機会が
不思議なほどありませんでした。
北口方面は自転車でかすめているものの、
駅の印象は無し。
南口スタートです。

DSCN0876

DSCN0881

駅のナリはデカいものの、
街がそれにマッチしてない印象。
レンタサイクルは見当たらず、
情報も無しです。
経験上、こういう状況は、
高低差が大きい土地柄に多いです。
自転車が交通手段としては
人を選ぶのです。
今後は大きな観光地と同じように、
電動アシスト付自転車で
この状況は変わっていくのでしょう。

都道145線・多喜窪通りを、
南西に下ります。

大きな敷地の殿ヶ谷戸庭園が駅に近すぎ、
しかも南側に野川が近く、
そちらに向かって坂になっています。
それらの理由で下りにかかる前で躊躇し
街の拡大止めてしまったような、
というのが後からの印象です。
無駄な空き地もなく
住宅は建ち並んでいるので
斜面で大きな建築物が
建て難いのでしょうか。

DSCN0891

武蔵国分寺公園の脇を通ります。
いや早速休んでみます。
暑いので。
ここミストが放出されるのです。
自分が近寄ったらちょうど止み、
2度と放出を目撃できませんでしたけど。

DSCN0892

DSCN0893

立派なトイレあり。

DSCN0897

曰く、国分寺は鉄道に関連が深い町である由。

DSCN0898

池の奧は滝になっています。

DSCN0904

公園から元の都道145線・多喜窪通りに戻り、
カッコいい歩道橋を左へ。

DSCN0914

府中街道を南下します。

DSCN0913

「武蔵国分寺跡」の標識が左に見えたら、
・・右に折れます。
レディー・ファースト、尼寺が先なのです。

DSCN0915

DSCN0907

DSCN0917

JR西国分寺駅から南に向かう武蔵野線の
高架下を潜ります。(低いけど)

DSCN0918

国分尼寺跡に到着です。

続きます。

<今日のひとネタ>

宇都宮を筆頭に、自転車に縁の深い栃木県。
那須くらいしか走ったことがないものの、
あちこち走りたいとこだらけ。
自転車とあまり関係ありませんが、
情報量はこれくらいの方が、
自分では広げやすいです。
参考にしたいと思います。

「好きなように旅行ができない!」とサラリーマンをやめた旅中毒作家による日本全国観光ガイド!
イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ