八王子アップダウンにアップアップ(1)想像と期待と思い込みで加住丘陵へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

多摩丘陵の中のひとつ、と思っていた高台があります。
加住丘陵のことです。

加住丘陵

実際は多摩丘陵の内には含まれないらしいです。
多摩川においては対岸の多摩サイクリングロードばかり
いつも走っているのですが、
昭島辺りで対岸にこんもりと見える低い山並みが
加住丘陵ということになるらしい。

その加住丘陵の中央には谷地川が走り
加住北丘陵と加住南丘陵とに分けています。
北に多摩川が流れ南の谷地川と挟まれた加住北丘陵には
昔、滝山城なる城があったらしい。
丘陵の南側には滝山街道なる古そうな道があります。

後からネットで調べてみると、
戦国時代に武田氏が関東に
略奪目的でやって来る道だったそうで、
おかげでこの辺りの武田氏の心証は相当悪いらしい。
なかなかオモテには出てこないですね。

ともあれなにせ
・多摩川サイクリングロードから見る対岸の
正体不明の山の広がりで(主観です)
・多摩丘陵の内で(思い込みです)
・両側に川が流れる高台にあった城跡で
面白い景観である可能性もあり(想像です)、
・古い道も走っているとなれば尚更、
見に行ってみよう、と思いました。

続きます。

<今日のひとネタ>

AmazonのKindle Unlimitedでは、
雑誌も読み放題です。

Kindleストア の優れたセレクションからオンラインショッピング。

もちろん自転車雑誌もあり。

AmazonでCYCLE SPORTS編集部の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
AmazonでBICYCLE PLUS編集部の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

自分は元来雑誌は読まない方で、
理由の一つとして、
広告が多いと重いしかさばるし捨てるのも手間、
ということがあったのですが、
これなら問題は解決。

知り合いの編集者で一人、
本の精かと紛うレベルの人がいますが、
iPadの最大最上級iPad proの12.9インチを持ってきて
これなら雑誌が読める、と宣ったものです。
時代は変わった。

iPad Pro 12.9インチ Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル ML0V2J/A (256GB・ゴールド)がタブレットPCストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

しかしアメリカでは逆に
紙の雑誌の売り上げが伸びている例もあり。
読まれ方・売り方も
まだまだノウハウを蓄積する余地があるようです。

ともあれ電子書籍・電子雑誌は
デバイス・ソフトとも進化しかないわけで、
紙とはそこが違うところです。
自分としては可読性は現状のまま深化して欲しい、
本棚的なデータベースの使い勝手は現状最悪で、
ここに革新を期待しているのです。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ