広瀬ダムは名栗以来のロックなダム/雁坂みち8

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

秩父往還・雁坂みちは標高1,000mを越えた頃、
巨大人工物が目に付きます。

雁坂みち風景・広瀬湖

雁坂みち風景・広瀬湖

ちょっと名栗湖・有馬ダムを思い出します。

春の鳥居観音・名栗湖に行く編(5)名栗湖へ殴り込・・ププ
表題おやじギャグ失礼いたしました。 続きます。 白雲山鳥居観音から分岐点まで戻り、 今度は自転車の進路を左へ向けます。 分岐点の横の橋を渡ります。 すぐルート案内とTOILETがあります。 案...

「ロックフィルダム」という構造らしい。

ロックフィルダム(wikipedia)

日本のロックフィルダム一覧(wikipedia)

「日本のロックフィルダム一覧」には、
名栗湖・有馬ダムも含まれていました。
実のところ、名栗湖では
コンクリートの表面に石を混ぜただけ、
のように見えたので、
なんちゃってロックフィルだったかと思いきや。
失礼しました。

雁坂みち風景・広瀬ダム

こちらは山梨のロックフィルダム・
笛吹川は広瀬ダムに到着です。

雁坂みち風景・広瀬ダム

雁坂みち風景・広瀬ダム

観光客はチラホラです。
駐車場はほぼ車で、自転車の姿は無し。
ちょっと意外です・・。
ついでにバイクスタンドはもちろん無し。

雁坂みち風景・広瀬ダム

雁坂みち風景・広瀬ダム

こちらは(地図によると)広川橋。
下が砂だらけなのは人工湖故か。
秩父湖でもこんな場所を見かけた気がします。

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

取水塔。
これを解放している例を見たこと無し。
当たり前ではありますが、
いつか渡ってみたいものです。

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

トンネル?
よくわからないので、
下記の広瀬ダムHPを参照しました。

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

ダムの上を進みます。
自転車が通ってよいか微妙で、
とりあえず曳いて歩きます。

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

この辺りはダムと合わせて
山の景観がとてもよい場所でした。
下は発電施設。

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

階段は業務用のもので観光用にあらず。

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

案外ロックフィルな通路部分が長く遠く、
人もあんまりいないもので
自転車に乗って徐行させてもらいました。

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

広瀬湖のゲート。
「洪水吐ゲート」と言うらしい。

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

定番とはいえ経験上では有無は五分五分の、
有り難いパノラマガイド。

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

右の草地から放水ショーなんかを
眺められたら最高ですが、
施設側としては無論NGでしょう。

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

「防災ヘリ」は飛んでおらず
看板は括り付けでしたけど、
立ち入り禁止なのでした。

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

なんだろう、とおもいましたが、
こちらが先の案内に書いてあった
非常用の「洪水吐」ということらしい。
水位が壁を越えると水が溢れるという
ごく単純な仕組み。
つまるところ、ここが水位の上限、
という理解でよろしいんでしょうか。

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

ここから先が公園部分。

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

流木の無料配布。
事実上、車で来た観光客向け、
もしくは暖炉のあるお屋敷向け。
あとは登山客の杖となるくらいか。

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

モーターボートの乗船サービスがありましたが、
どちらかというとエレベーターで湖水面まで
降りられることの方が魅力的に思えました。
(インクライン、という設備である由)

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

公園内を周遊。
(ココは大人しく自転車を曳いて)

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

素晴らしい。
秋には紅葉が見ものでしょう。
(HPでも推してますね)

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

ゲートに戻ります。

雁坂みち風景・広瀬湖と広瀬ダム

以上、広瀬ダムと広瀬湖を後にします。

滞在中、バイク客、サイクリング客無し。
前者は来るときには集団でやってきますが。
これだけの適度な上りと景観スポットで
自転車がやって来ないのは、
正直意外そのものです。
いったいどうした理由でしょう。
この先は進んでも
自転車にはどん詰まりとなる筈だとしても。

さて自分はどうしましょうか・・。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ