国道140号・秩父往還の初めに欲しいものは/雁坂みち3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

山梨県・塩山の北を自転車は進んでいます。

秩父往還・雁坂みち風景

武田家の菩提寺・恵林寺を過ぎるとまもなく、
国道140号に合流します。

秩父往還・雁坂みち風景

秩父往還・雁坂みち風景

「雁坂みち」標識を確認。
甲府城下から延びている筈の
国道140号・雁坂みちをいよいよ進みます・・・、

秩父往還・雁坂みち風景

と言いたいところですが、
長距離のトンネルが複数控えています。
右側はと言うとこれも雁坂みちで、
おそらくトンネルの無いこちらが古道なので
これサイワイと、進路を右側に取ります。

トンネルさえ無ければ左の国道は路側帯が広く、
自転車も走り易い道なのです。
オートバイもバンバン走りますが。
何故そんなことを知っているかというと、
左側・国道をしばらく直進してしまい
引き返してきた訳で。

国道140号直進風景

(こんな道だったなあの国道140号直進風景)

秩父往還・雁坂みち風景

右側・旧(おそらく)雁坂みちを進みます。
なんらか道について案内表示がありそう、
とキョロキョロしながらですが、
雰囲気的な道しるべ(赤ずきん地蔵)しか
見当たりません。

秩父往還・雁坂みち風景

秩父橋の経験で考えると
右が笛吹川にかかる最古の橋(アップデート版)、
真ん中が2代目・
自動車が普及してからの旧国道の橋、
左端が現在の国道140号の橋です。
おそらく。

秩父再訪の長瀞編(3)力石に水
続きです。 飯能スタートで県道53号線迂回、 そして長瀞を辿る今回のルートが こちらとなります。 合流した国道299号線、 秩父方面に向かう車道側には歩道は無し。 そして意外なことに、 こちらは路面が悪くありません...
「パリ、テキサス」ならぬ秩父、高崎
趣味で自転車に乗る人ならどうしたって、 近所で危険のない走り易い場所や 地元のサイクリングロードや 景色の良い場所を探してみることでしょう。 それが昂じると輪行なんぞを始めるわけですが、 自分は現在その範疇にて、 エスカレート気...

秩父往還・笛吹川

川の流れが複雑な甲府盆地、
なんとなく流れる方向が逆だと思い込んでいて、
ギョッとしたりします。
自分だけでしょうか。

秩父往還・雁坂みち風景

雰囲気的な道しるべ(赤ずきん地蔵)しか
見当たらんのですが。

秩父往還・雁坂みち風景

これも雰囲気的な道しるべ。
おそらく雁坂みちの旧・宿場なのでしょうが、
案内が見当たらない・・。

秩父往還・雁坂みち風景

山でたまに見る水道管を通しての発電施設が
遠くに見えますが、
(下・奥多摩例)

奥多摩むかしみちはムズカシ道(4)寄り道は続くよ
続きです。 そうして寄り道が続いています。 寄り道、激しくなって、 見たモノにつられて国道411 号線を 大きく離れたりしています。 自転車の機動力がモノを言います。 「多摩川南岸道路」の 「東京電力氷川発電所...

秩父往還・雁坂みち風景

山頂付近からの導水管の高さ・長さ・角度
どれもハンパなし。
山の骨組みが露出したみたいに見えます。
発電しまくってる感アリアリ。
さすが県の78%が山である山梨県。

矢立の杉を横目で見つつ笹子峠を登る/甲府へ撤退4
続きます。 甲州街道を自転車で撤退中です。 国道20号線を離れ、 この道でいいのか心配になるほどの 盛り上がりのない道です。 どうも歴史保存・活用の関心が 薄過ぎではないでしょうか。 こっちは仮想・徳川幕臣の千と百人の大部...

秩父往還・雁坂みち風景

集落を通る道の用水には
山からの水が勢いよく流れて、

秩父往還・雁坂みち風景

集落の中を行き渡らせているらしい。
長雨が続いたが故の水量と思われますが、
好天の中では
どれくらいの流量を保つのでしょうか。

秩父往還・雁坂みち風景

沿道にやっと史跡の案内を発見、
立ち寄ってみます。

秩父往還・雁坂みち風景

「西川家住宅」は江戸時代の名主の家でした。

秩父往還・西川家住宅

この辺りに自転車を置き、
ちょっとだけ屋敷内を見るつもりです。

秩父往還・西川家住宅

名主レベルはもちろん、
邸内に用水を引き込んでおります。

秩父往還・西川家住宅

ちょっとだけ見るのです・・。

秩父往還・西川家住宅

案内曰く「切妻造屋根を持つ地域特有の民家」

秩父往還・西川家住宅

まだ序盤のここで
あまり時間を喰っているわけにもいかず。
復帰します。

秩父往還・西川家住宅風景

「西川家住宅」から見る集落風景。
スタート時の踏み込みは必要ですが、
まだまだ斜度としては大したこと無し。
上ります。

秩父往還・雁坂みち風景

秩父往還・雁坂みち風景

秩父往還・雁坂みち風景

目に心地良い景色が時折。

秩父往還・雁坂みち風景

秩父往還・雁坂みち風景

(振り返って撮影)

「ハッピードリンクショップ」を目撃。
甲州街道を辿った折、
笹子峠越えの前にも見かけていたのでした。

笹子トンネル各種揃えました/甲府へ撤退3
続きです。 江戸城を脱出し甲州街道をゆるゆる 自転車で撤退中です。 周囲はぐるりと山ですが、 街道は笹子川沿いで緩やかな上りのまま。 笹一酒造の前を通り、 笹子餅の看板、と笹だらけで、 ...

山梨の西北エリアの自販機を実効支配していると
言って過言ではないでしょう。

秩父往還・雁坂みち風景

緩やかに上りが続きます。
相変わらず道について案内表示は無し。
スマホGPSがあるので問題ありませんが、
どんなものでしょうか・・。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ