空を飛ぶか海に飛び込む/伊豆大島8

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

続きです。

自転車は大島一周道路のアップアップダウンを走り
ようやく1/4足らず、なおもアップが続きます。

大島一周道路風景

大島一周道路風景

道路脇に貼ってある大島一周道路にして
大島循環線・都道208号の案内ですが、
一本道でさしもの自分も間違いようがありません。
エヘン。とスルーしていたのですが、
よく見ると「斜面番号」というのが付いています。
別の場所で同じ標識を見ると
ナンバーが違っていたので、
坂道をカウントしていると思われます。
だとすると21の坂を上ったということでしょうか。
だとしたらウンザリと幻惑が混在しているのも
宜なるかな自分。

大島一周道路風景

つづら折りの坂は椿園の真上にあたります。
木々の間に椿の色が見えます。
恥ずかしいことですが、
椿油が古来からの伊豆大島の特産品であったのを
自分は全く知らなかったのでした。

伊豆大島の特産品のひとつである“椿油”。大島ふるさと体験館では実際に椿の実の状態から椿油をしぼる体験ができます。しかも、自分でしぼった椿油で明日葉などの野菜を炒めて風味を味わったり、お土産に小瓶に詰めて持って帰ることもできます。

大島一周道路風景

坂口安吾「安吾の新日本地理」の
「消え失せた沙漠―大島の巻」には、
伊豆大島の椿油売りの真偽を見分ける方法、
というのが書かれています。
その方法とは・・・。

Amazonで坂口 安吾の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

(後で要約を書きますが)

偽物が存在したあたりに伊豆大島の椿油の
ブランド価値が窺えるところです。

大島一周道路風景

眼下の森がジャングルめいてきました。

大島一周道路風景

そして足元も。

大島一周道路風景

大島一周道路風景

大島一周道路風景

大島一周道路風景

(昨日更新に引き続き)
これも果たして見た目どおり下りなのか
怪しいものです。

大島一周道路風景

そして上りだけは確かに上りなのは
不公平と言わざるを得ませんヒイハア。
苦情の持っていき先がわかりませんが。

大島一周道路風景

大島一周道路風景

大島一周道路風景・石の反り橋

火山岩でできた橋があるようで興味は湧くものの
自転車とSPDシューズなのでスルー。
もっとワイルドな場所に現装備とほぼ同じで
分け入って失敗してからオトナになったのです。

奥多摩むかしみちはムズカシ道(10)遭難しそう、そうなんです
続きです。 少しサイクリングらしくなったところです。 サイクリングらしく・・? むかしみちの印が奥に誘導していますが、 どう見てもその誘導に乗っちゃ イケナイ気しかしないのです。 ...

ジャングルっぽさが
奥多摩の自然の比じゃありません。

大島一周道路風景

大島一周道路風景

アップダウンはなおも続き、
そして次第に・・・。

大島一周道路風景

上りなのか下りなのかわからなくなることに加え、
濁りのない空気に散乱する陽の光で
先に広がる青色が海なのか空なのか
混乱してくるのです。

大島一周道路風景

空に向かっているようにも
海に突っ込んで行っているようにも思える不思議。

大島一周道路風景

「白鳥は哀しからずや空の青
海のあをにも染まずただよふ」
は自分の知っている若山牧水の歌の唯一。

江戸川サイクリングロード一気下りの際にも
思い浮かべてイイ気になったものですが。

菜の花があっちの世界に誘導/江戸川サイクリングロード6
続きです。 江戸川サイクリングロードらしくなった道を 自転車は進みます。 嬉しいことに「海から」標識が60kmを切っています。 先ほどの「海から120km」表示はやっぱり 河口が銚子港の利根川のもの。 東...

現状の方が遙かにしっくりきます。

大島一周道路風景・テキサスハイキングコース

「テキサスハイキングコース」と、

大島一周道路風景

「狩猟者の皆様へ」メッセージ。
何このワイルドつながり・・。

大島一周道路風景

飛行機雲かと思っていましたが
海から何か線が伸びている不思議な光景。

大島一周道路風景・海のふるさと村

大島一周道路風景・海のふるさと村

今度は「海のふるさと村」とあります。

時間の制約はありつつも
これまで通りかかった公園のいくつかを
全てスルーしてきて、
何故立ち寄る気にならないのか
ずっと気になっていましたが、
そもそも伊豆大島がジオパークだったことに
ようやく思い当たりました。

伊豆大島は活火山三原山の活動を通して自然と大地との関わりを学ぶことのできる場所として2010年9月にジオパークに認定されました。

大島一周道路風景・海のふるさと村

納得がいって、ここも安定のスルーです。

大島一周道路風景

あくまでも目的は大島一周ですから。

さて前出の
伊豆大島の椿油売りの偽物を見分ける方法ですが。
大島島民は「カキクケコ」を「ハヒフヘホ」と
発音するものだそうな。
柿の木がカヒの木、猫の子がネホの子、
筍がタヘノコ、といった具合に。
末尾はカ行になるらしいですが。
本文中には他に、大島には公家の流人が多く、
京言葉が残っているとの記述もあり。
その片鱗なのかもしれません。

島民どころかサイクリストの一人も現れぬ路上で
そんなことを考えます。

続きます。

<今日のひとネタ>

懲りもせず憧れ続ける折り畳みヘルメット、
バイオロジックから。

動画も見ましたがなかなかいい感じです。

【正規輸入品】 BioLogic(バイオロジック) Pango Folding Helmet ブラックが大人用ヘルメットストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ