寝転がってもホイール転がらず/伊豆大島4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

伊豆大島へ渡る夜中の客船の中です。
到着の早朝から島一周サイクリング、
昼には引き揚げる強行軍の計画です。

それが船底で輾転反側・・・、
もできない幅120cmの寝床で
しきりに目ばかりが冴えています。

眠くなくはなし疲れてもいるのに。
どうにかして眠れないか、ずっと考えていました。
それ自体が眠りの障害なのですが。
気付くと船が大きくうねっていました。
船室は船底でそれが大きく感じられるのかどうか。
それとも絨毯とはいえ床にベタ寝で
それが体にダイレクトに伝わるのか。
海は荒れているだろうか外海はこんなものなのか。
かなり気になり不眠が助長されます。

もうあきらめ目をつぶって寝たフリで
自分の体を騙す作戦に移行。

到着1時間前が近づくと、
数人がもぞもぞしだしました。
頃合いを見て、自分も体を起こし、
デッキのある階層に登ってみました。
扉はまだ解放されておらず。
ドアの窓から海が見えました。
一見荒れ模様に見えましたが、
天気は悪くなさそうで、
おそらく外海の標準なのだろうと推測。

伊豆大島遠景

デッキ出入り口が解放。
出ると既に島が間近だったのでした。

伊豆大島遠景

みるみる島は近く、そして明るくなってきました。

伊豆大島遠景

後ろはと見ると全くの海。

伊豆大島遠景

近づくと緑色ながら急峻な岸壁であるのが
見て取れるようになりました。

伊豆大島遠景

これくらいになるとデッキの手すりも人が鈴なり。

伊豆大島遠景

岡田港の港町が見え、着岸です。
船室にリュックサックを取りに戻り、
再び登って来ると出口となるロビーからデッキまで
人で溢れています。

人波が引いたデッキから輪行袋を持ち出します。

さるびあ丸

さるびあ丸

かなり最後に下船。

さるびあ丸下船風景

さるびあ丸下船風景

下船した客はさっさと港の方向に消えて行きます。
パトカーが見えますが、
船の発着には必ずやって来るオペレーションらしい。

さるびあ丸下船風景

警官が乗降口の移動まで手伝っていました。

岡田港風景

岡田港風景

早朝ながら日中の光で初めて見る船の偉容。
船を愛し東海汽船との関係も深かった
柳原良平画伯が偲ばれます。

本 ストアの優れたセレクションからオンラインショッピング。

岡田港風景

岡田港風景

岡田港風景

右の建物が「岡田港船客待合所」。

岡田港風景

さるびあ丸を眺めながら
埠頭の根元で輪行袋を荷解きします。
風は強くなし。

岡田港風景

岡田港船客待合所の様子。

岡田港風景

いちおう地図を確認。
島を一周する分には迷わない筈なのです。たぶん。

伊豆諸島のひとつ、大島の地図や写真・観光情報がご覧いただけます。

岡田港風景

船の到着時はもう店が開いているものかと
思っていましたが、そこはさすがに朝5時。
開いている店はありませんでした。
さるびあ丸にたっぷりあった自販機で
適当に飲食してあったので、特に問題なし。

自転車は伊豆大島一周のブラウジングに出発です。

岡田港風景

店舗が開いていなくても
使えるコインロッカーがあるか
チェックをしようと思っていましたが、
怠ってしまいました。

行動時間は島到着の5時から
帰りの船が出る13時半まで。
初めてで勝手のわからない島を
正味6時間程で一周してこなければなりません。
時間的には余裕たっぷりの筈ではあるのですが、
昼過ぎには戻ってくること必須中の必須で、
やっぱり焦っているのでした。
寝不足もあったかもしれません。

岡田港風景

道はとてもキレイでした。終始。
マズい道があった記憶がありません。

岡田港風景

いきなりの上りですが、何でもありません。
元気いっぱい、と言いたいところですが、
何となく体のキレが良くない・・・。
事実上徹夜だったのでした。
大丈夫か自分。

続きます。

<今日のひとネタ>

どうもリーガの優勝は逃すことになりそうで、
SMNの攻撃力と裏腹な守備力で
手腕に若干の疑問符がついたものの、実績と
何より善人が前面に出たエンリケ監督でした。
カタルーニャの地をサイクリングで満喫のようです。

 FCバルセロナのルイス・エンリケ監督はチームのオフを利用し、友人と共にカタルーニャ地方、タラゴナ県でサイクリングを楽しんだ。

リーガのシーズンオフにも
自転車生活を楽しんでもらいたいところ。
少し早いですが、お疲れ様ということで。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ