さるびあ丸でジャミラ睡れず/伊豆大島3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

続きです。

伊豆大島でサイクリングの大望に向け、
輪行の船旅を開始です。

乗船時間となり、スタッフの案内により
並んだ列が動き出します。

竹芝客船ターミナル風景

輪行袋での移動は、
人の波の中にあっては気兼ねです。
普段なら最後尾を選んで移動するのですが、
今回は初めてで様子がわからないのでそうもいかず。
途中階段などもあり、
列を乱さず輪行袋を前後の客にぶつけぬよう
それなりに気を使いましたが、
クーラーボックスをいくつも束ねた
デカい荷で列を止める釣り客の強者も居たので
安心しました。

竹芝客船ターミナル風景

ボーディング・ブリッジでいよいよ
「さるびあ丸」に乗り込みます。

ボーディング・ブリッジ(wikipedia)

さるびあ丸船内

乗り込んだロビーでは、
自転車持ちはスタッフから
進む方向の指示あり。
入口と反対側の船腹デッキが自転車置き場でした。
置くように言われたその場所の壁は
おそらく積載物を繋げられるように
カギ状の突起が並んでいました。
特に他に指示が無かったので、
揺れて倒れたりしないか聞くと、
(心配なら)結んでくれ、とのことだったので
輪行袋の肩紐をカギ状突起にぐるぐる巻き付け、
それでよしとしました。

さるびあ丸船内

船室部分を2階層ほど階段を降り、
予約の2等船室を見つけました。
周囲は乗客とその行き来が頻繁で
迷惑を避けてこれだけ撮影。

東海汽船の大型客船の解説、写真がご覧いただけます。

船内はほんのり暑いくらい。
船内クルーが毛布を配布し始めたので
念のため一応もらいに行くと「100円」
面倒になったので「やっぱいいです」

枕はデフォルトで配置、
無線LANあり。
(なぜかやたらと遅かった。
なんか接続設定ミスしたんだろうか・・)

荷物を置いて、
何はともあれ出港の様子を見にいかなくては、
と船腹デッキにでると、
船ははや岸を離れているのでした。

ああ東京タワー。

ああレインボーブリッジ。

ちなみに自分の船旅本では北杜夫の
「どくとるマンボウ航海記」が嚆矢にして唯一。

Amazon.co.jp: どくとるマンボウ航海記 (中公文庫) eBook: 北杜夫: Kindleストア

子供の頃に読んだいろんなフレーズがぽろぽろと
このシチュエーションでこぼれだしてきます。

レインボーブリッジ&東京タワー。
案外デッキに出て見物する客がいないのが
けっこう意外でした。

こんな距離感で東京湾沿岸の夜景が続きます。
進路の左側に移ると、いつまでも房総半島沿岸の光。
何かの折にたまに見かける、
日本列島だけが明るく光っている衛星画像に
なんとなく納得です。

ずっと沖を見ていたら、
夜は締め切りということで
船内に戻されました。

さるびあ丸船内

船内の様子をあちこち撮影。

さるびあ丸船内

さるびあ丸船内

さるびあ丸船内

さるびあ丸船内

さるびあ丸船内

さるびあ丸船内

さるびあ丸船内

さるびあ丸船内

さるびあ丸船内

さるびあ丸船内

さるびあ丸船内

和室に戻ると、
真ん中の自分を含めると左右4人
おっさんが連なる並びになっていました。
他はチラホラ程良く空きがあるか、
仲間同士だったりしている様子です。
なぜここだけソロのおっさんが圧縮されるかな・・。
とても狭い感じです。
おそらく一人分の幅が120センチほどで、
寝転ぶアタマの位置にマーキングがありますが、
仕切りなどはもちろん無し。

よくよく考えてみると、
自分の今の寝相が良いかどうか知らないのでした。
寝相のよろしくない子供であった過去が
にわかに思い出され、今更の困った感。
オマケに自分はムダに肩幅だけは広いのです。
エヴァンゲリオンでいえば第3使徒サキエル、

エヴァ機体まとめつくったので、使徒もおまとめします。エヴァファンのあなたとわたしのために!

ウルトラマンでいえば棲星怪獣ジャミラ。

ウルトラマンに登場する怪獣の特徴、登場回、などについてまとめています。『ウルトラマン』は、円谷プロダクションが制作し、1966年(昭和41年)から1967年(昭...

ジャミラ困りつつも
壁に寄りかかって座って
スマホをいじったりしているうち、
行動や身の回りに支障がない程度の明かりを残し
12時前には消灯となってしまいました。

仕方なくエイと寝転んでみると、
案外イケる感じです。
この幅、考えられているのかそうでもないのか・・。
人間どんな環境にも慣れるそうなので、
明け方まで数時間でも眠れればいいや、と。

ちなみに服装は来た時ママ。
いつでも状況開始可能、
自転車で走り出せるのです。
(サイクリストサイクリストした格好ではなし)

さるびあ丸船内

結果、一睡もできず・・・。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ