夜の竹芝客船ターミナル風景/伊豆大島2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

続きです。

乗船予約は、自分はネットで予約でしたが、
他に電話・旅行会社と選択肢がありました。

そして予約が済むと問題は、
乗船ターミナルへのアクセスです。

電車でのアプローチとしては、
JR浜松町からの案内動画がありますが、

東海汽船の乗船券予約から出発までの流れをご案内します。

数百メートルは歩く必要があり、
輪行袋を抱える身としては却下です。
新橋から「新交通ゆりかもめ」に乗り、
竹芝駅からのアプローチとしました。

改札を出ると経路の案内あり、
しかしエレベータは見つからず。
やむなく輪行袋を抱えて階段を降ります。

階段を降りた所がいきなり「竹芝客船ターミナル」。
JR浜松町駅方面から来るのが正面としたら、
その横手入口にあたる場所でした。

こちらがJR浜松町駅方面からの入口風景。

第一待合室の様子です。

出港まで時間あまりある窓口は、
待ち時間ほとんど無し。
(混雑ピーク時でも10人と並んだ様子は無し)
予約してあることを告げると、
「ネット予約なら番号を・・いえ名前で結構です」
名前を言ったら乗船券をもらえました。
指示された記入台で名前その他詳細を記入。

自転車について聞くと、
「自分で持つならタダ」とのことでした。
有料で自転車を預けたい乗船客向けには、
(バイクもあったような気が)
しきりに案内のアナウンスが流れています。
船側で預かるための時間制限あり要注意です。

(案内表示の拡大)

「さるびあ丸」23:00発に乗船予定なのです。
うんあるある。
ちなみにここ1〜2ヶ月の間、
たまに時刻表を見ていたところでは、
出発時刻に22時発か23時発となる変動が
見受けられました。

待合室には時間をおいて繰り返し、
「最近置き引きが多いので気をつけろ」の
アナウンスが流れます。
「最近」の部分が何となく気になります。

ロッカーは大小各種あり、
サーフボード用もありましたが、
自転車用は無し。

第二待合室への通路には自販機が充実。
コインロッカーも沢山。
しかしやっぱり自転車用は無し。
まあ余所でも見たことはないのですが。

21時をしばらく過ぎるとロビーがだいぶ混み、
半を過ぎたら気兼ねなく間隔を開けて座る場所は
ほぼ見当たらなくなりますが、座れなくはなし。

混むものなのだな、と思っていたら、
一足先に三宅島・八丈島方面に出発する橘丸の客が
かなり多かったのでした。
スタッフが橘丸の乗船案内を始めると、
待合室から半数以上がいなくなりました。

そして気付いて驚いたことに、
ここまで一台も輪行袋を見かけていなかったのでした。

乗船案内が始まる前に、自分も集合場所近く、
「公園広場」に出てみました。

向こうがJR浜松町駅方面の筈です。

緩やかに、さざ波程度に人波が
さるびあ丸集合場所に向かっています。

桟橋が眺められるようです。
早く来ればよかった。

停泊中のさるびあ丸にご対面です。
もっと早く来ればよかった。

レインボーブリッジが遠く望めました。

あ、自転車・・。

などとやっている間に、
はや乗客が並び始めました。
スタッフも乗船案内のアナウンスを開始しました。
やっぱり輪行袋は自分一人。
デカい荷物に遠慮しいしい、自分も並ぶ頃合いです。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ