季節外れのiPhone機種交換、そしてSuicaアプリは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

iPhoneをサイクリング時のナビ代わりにしています。
新機種発表をベースに
2年毎の機種変更をサイクルにしていましたが、
(シャレではなし)
今年は違いました。
昨年秋に発表されたiPhone7の見た目が
さほど前機種と変わりなく
かつ来年のiPhone8の予想が大幅刷新がありそう、
という前評判だったもので、
ここは節約して1年機種交換を待ってみよう、
というチャレンジングな気になったのです。

結果、大失敗でした。
iPhone6使用の2年3ヶ月経過くらいから
かなり劇的にバッテリーの保ちが悪化し、
かつ画面のアプリ挙動が遅くなりだしました。
タッチにミスしてメールうっかりを削除するレベル。

春の遠出サイクリングに影響が顕著でした。
行きの輪行時にbluetoothイヤホンを使うと
そこでもうバッテリーが減るもので、
有線のイヤホンに戻したり、
外部予備バッテリーを2本持ちにしたりしました

なんとか年末まで凌ごうと、
バッテリーの保ちを気にして
wi-fi及びBluetoothのON・OFFを切り換えたり、
外部バッテリーの充電に気を配ったり、
等々、しばらく試行錯誤をしました。

しかしその上で上記のケアを小まめに
あと1年近く続けることを考え・・・、
降参を決意しました。
普段使いの不便がなんと言っても大きいですが、
サイクリング時の懸念材料を
一つでも増やしたくなかったことも
陥落の要因の一つでした。
そういうわけで、
折良くユーザーの動向を把握しているような
(してるのでしょう)
キャリアからの販促キャンペーンに乗って、
季節外れの機種交換をしました。

2年経つと毎回見事に忘れて繰り返す
機種変更のドタバタを終えたのが先月中旬です。
結果として、Apple Payが使えるようになりました。

それよりも大きかったのがSuicaアプリです。

これまで背面にカードを収納できるiPhoneケースに
Suicaカードを入れて改札を通っていましたが、
アプリ設定後はカード不要です。
自動改札機側の読み取りも
カードより有効範囲が広いようで失敗なし。

なによりチャージです。
輪行袋をエッチラオッチラ担いで通ろうとして
改札でチャージ不足が判明、
という悲劇をこれまで味わったことはありません。
味わっていませんが、
それは週末近くともなると輪行を考え
マメにチャージをしていたからでした。
輪行時に改札に向かう前に
念のためチャージを上乗せしたりもあり。
そのチャージの確認とチャージが
アプリ上で済んでしまうのはとても大きい。

実際の輪行ではどうなのか?
チキンな自分の場合はシミュレーションなり
テスト期間が欲しいところですが、

カードをアプリに登録した時点で情報がアプリ側に移り、
元のカードが使えなくなるようです。
(そういうアラートが出現したのを目撃したのですが、
実際使えないのか改札で試してはいません)
そういうわけでぶっつけ本番。

普段乗らない私鉄なんぞでも
何ら問題ありませんでした。
ただ輪行帰りの遠回りで予想外にお金がかかり、
改札機でチャージ金額不足のアラート、
というカード時代にも無かったミスをやらかしました。
輪行袋を抱えて乗降客の邪魔にならないスペースに移動、
急いでチャージ、
しようとするとうまくいかない・・・。
チャージ手順がきちんと自分のアタマに
インプットしてされていませんでした。
改札近くの壁際であれこれアプリや設定やらをいじり10分、
ようやくチャージに成功して改札を通過できました。

ほか、読み取りなんかでミスった場合、
改札窓口でどう対応してもらえるのか、
等はまだ未経験ではありますが、
もう使用に違和感はありません。
後戻りナシです。

外部バッテリー予備は元通り1本に戻りました。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ