八王子城跡へ走る着いても走る(5)超高速ナントカ編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

マムシ回避の自粛でよじ登れませんが、
まあまあ立派な石垣です。

isigaki1

isigaki2

isigaki3

当時、辺鄙な山城で(想像)
こんな立派な石垣があったのかどうか。
橋と同じくこちらも観光客向けに
盛ったのでしょうか。
石垣だけに。(キリ)

hakkutu

いよいよ御主殿跡です。

shuden1

shuden2

shuden3

shuden4

shuden5

shuden6

ここを見て回ってるのはおっさん数人のみ。
その中の一人はこちょこちょと走り回ってる
不振人物・自分。
真面目な観光を冒涜するが如く、
ブラウジングです。

shuden7

屋敷跡、敷石通路、塀の跡の石積みや
なんやかや、です。

中学校の頃に見学した
一乗谷朝倉氏遺跡を思い出します。
子供の頃は、こういうのが退屈だと思っていました。
昔の人のことを想像しよう、
というような指導が教師からあったと思うのですが。
あれは違う、と今は思います。
自分が住む・使う、で考えれば、
自ずと普通の住宅との違いや
その時代が持つ技術との差が
感得されたのではなかったかと。
歳を喰って思うことではありますが・・。

こんなブラウジング程度でも、
小学校の遠足レベルには知識になった気がします。
もう気分は映画「超高速!参勤交代」です。

佐々木蔵之介, 深田恭子, 伊原剛志, 寺脇康文, 上地雄輔, 知念侑李(Hey!Say!JUMP), 柄本時生, 六角精児, 市川猿之助, 石橋蓮司, 陣内孝則, 西村雅彦, 本木克英 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

(WOWOWで見ましたが、
なかなか面白かったです)

史跡構造物も案内表示も新しく、
整備もまだまだ先があるらしい。
(と文字どおり案内を走り読みしました)

充実はこれからとしても
現状でもかなり立派です。
城跡全体の半分足らずでも
「城来た」感はかなり満たされました。
地理的に見ても、
いい観光名所になっていく筈で、
それ前提でお金が注ぎ込まれている気がしました。
歴史ドラマか小説か何かあればいいと思いますが、
少なくとも、RDG推しはカケラも無かったです。
深夜枠一期放映程度のアニメを
観光推進で使えるかというところですが。
世界観もストーリーも絵柄も良かったので
続編が作られるとまた違うんじゃないでしょうか。
ちょうどヒロインが可愛くなるか、
というところで終わって残念だった記憶があります。
「太陽の牙ダグラム」でデイジーが
キレイになったところで最終話だったように・・・。
(古い・・・)

童友社 太陽の牙ダグラムコレクターズボックス 完全復刻版全10アイテムほかロボットのプラモデルが勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。アマゾンなら最短当日配送。

ご主殿をひととおり見て回ったところで、
超高速(駆け足・・)で管理棟に戻り、
そこから自転車が無事なのを確認しました。
気を良くして、
本丸はどんなものか、
自転車に乗って行って見ることにしました。

honmaru1

行きました、30メートルくらい。

honmaru2

honmaru3

それなりの山歩きのいでたちの観光客が
ゾロゾロ登っていきます。
SPDシューズお呼びじゃ無し。

ブラウジング、終了です。

<今日のひとネタ>
自転車の街つくば。
(自転車の街だらけな気がするも)

段差、くぼみに不満の声-自転車のまちつくば

歩道を使っているのか、よくわからない話。
つくばでもまだこんな感じ、
という意味で参考になります。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ