うーんガンダムな東京湾観音/上総・東京湾6

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

わずか高度100mほどながら
短いながらも斜度7%以上のまあまあの上りを経て、
自転車は東京湾観音のお足元に近づいています。

東京湾観音

最初の景観に差し障りとなった建物をよけると
こんな感じでした。

東京湾観音

南房総国定公園

富津公園の入り口で抱いたチラ疑問、
「南房総国定公園」の内容はこちら。

南房総国定公園(wikipedia)

だいぶ広域に渡る枠組みだったのでした。

東京湾観音・駐車場

駐車場はこの程度ののんびりムードでした。
右手には食事処もあり。

東京湾観音

(無料で)行けるところまで行くつもりで進みます。

東京湾観音

先がわからないので自転車はロックせず、
曳いて歩きです。
(いないけど)観光客の迷惑になりますし、
観音様のお足元で畏れ多いので。

東京湾観音風景

しばらく感想無し。百聞は一見に如かず。

東京湾観音風景

東京湾観音風景

東京湾観音風景

東京湾観音風景

東京湾観音風景

なんだかそのまま観音のお足元真下まで
辿り着いてしまいました。

足元まで到達しなかった埼玉・名栗の鳥居観音も
おそらくこんな感じであるかと想像。

春の鳥居観音・名栗湖に行く編(4)観音の顔は何度まで
続きです。 山頂に着きました。 ・・・人が一人も居ませんでした。 崖の下、キレイですけど底がわかりません。 向こうの山に観音様が見えます。 観音様の足元に至るには...

東京湾観音風景

とにかく何かいろいろ寄せ集まった印象です。
そのまま観音様の足元を、ゆんでゆんでと園内奧へ。

「弓手(ゆんで)弓手と進むべし」は、
江戸川乱歩の二十面相シリーズ「怪奇四十面相」の引用。
名探偵・明智小五郎曰くの、
迷路などでは弓手(弓を持つ左手)に沿って進め、
という迷路攻略の鉄則なのだそうで、
この本を読んだ小学生以来の有効な教えとなっています。
迷路では全くない園内ですが
そんな言葉が脳裏に浮かぶあたり、
園内に混沌としたイメージを抱いているらしい。

Amazonで江戸川 乱歩, 成井 豊の(2-9)怪奇四十面相 江戸川乱歩・少年探偵9 (ポプラ文庫クラシック)。アマゾンならポイント還元本が多数。江戸川 乱歩, 成井 豊作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また(2-9)怪奇四十面相 江戸川乱歩・少年探偵9 (ポプラ文庫クラシック)もアマゾン配送商品なら通常...

東京湾観音から東京湾

弓手の左手に沿って辿り着いた園内奧には
広いながらもあまりチカラの入っていない展望広場。
しかしなかなかの東京湾の見晴らしが広がります。

東京湾観音から東京湾

こんもりとした森の向こうの水平線の下に、
富津岬の突端が細く靄っています。

東京湾観音から東京湾

もう少し右、富津岬の根元はこんな感じ。
あの辺でこちら東京湾観音を最初に見かけたのでした。
海岸線を辿る景観には、時系列が付属するようです。

東京湾観音から東京湾

あまり観光地観光地していない展望広場でした。

さて、(無料で)観音様周囲を一周した結果は以下。

東京湾観音

東京湾観音

東京湾観音

うーんガンダム。

「うーんマンダム」ってどういう意味ですか?先日、何かのドキュメンタリー番組で、大阪の小さな町工場がエコカーを作る…云々の内容を放送していました。そこで、ある一人の職人が困った時の口癖として「うーん、マンダムや!」と連発しており、ナレーションも「ある一定の年齢以上なら誰でも分かるフレーズ」と言っていました。ちなみに私は2...

東京湾観音

東京湾観音

東京湾観音(wikipedia)

高さは56mだそうで、
ちなみにお台場ガンダムは18m。(もう撤去済?)

 東京・台場で観光名所にもなっている高さ18メートルの実物大「ガンダム」立像について、設置者のバンダイナムコホールディングス(HD)など4社は2017年3月5日で展示を終了し、撤去すると1日発表した。…

お台場ガンダム

観音様の偉大さに軍配ありというところですが、
並べてみせたら
日本中から見物客が集まるに違いありません。
そんな不謹慎な考えが許容範囲となりそうな
おおらかな園内風景とwikipedia内容なのでした。

東京湾観音

観音様の中を登れるようですが、
ここからが有料らしいので割愛です。

東京湾観音風景

なんか功徳方面について説明されていたようです。

東京湾観音風景

閑散というより長閑の言葉が似合うのは
南国の陽射しか園内の混沌故か。
東京湾観音の足元を離れます。

東京湾観音風景

元来た道を一気に下ります。

東京湾観音

田園と低山の向こうに見え隠れする東京湾観音と別れ、
自転車はさらに南下します。

房総半島

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ