秩父「前原の不整合」にて迷うの不都合

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

北関東への輪行の拠点作りの一環として、
高崎を目指し秩父から
のんびり気味で自転車を走らせています。

「秩父往還」と荒川沿いの道を
なるべく北寄りに進む想定ルートに
従っています。

秩父往還(wikipedia)

前原の不整合

秩父市街を出てしばらく走っていると、
国の天然記念物「前原の不整合」の案内。

前原の不整合

シュレディンガーの猫やラプラスの悪魔、
ゼノンのパラドックス、テセウスの船、
等と並ぶ何かでしょうか。

思考実験(wikipedia)

その詩的な響きあるいは
中二病的なカッコ良さに惹かれ、
見物に寄るつもりになりました。
ジオパークを見て回る一環でもありますし。

地層大切断面うごめく/伊豆大島12
続きです。 「地層大切断面」は自分にとって 伊豆大島の真打ちなのでした。 真打ち登場、いや真打ちの御前に 自分と自転車ついに登場。 地層大切断面(伊豆大島ジオパーク・データミュージアム) 「この先...

道路元標

ところがその「前原の不整合」とやらが
なかなか見つからないの不都合。

道路元標

違う・・・。

皆野町風景

県道37号と44号の合流地点付近にある筈で、
交通量が多く信号の待ち時間の多い交差点を
行ったり来たり。

前原の不整合

ようやく沿道の小屋の陰に
緑色の案内表示を見つけました。

前原の不整合

ちょっと意見の言いたくなる入口風景です。

前原の不整合

前原の不整合

日本地質学発祥の地 ジオパーク秩父 地質と伝統と大地の恵み

前原の不整合

河原に降りるレベルだとは思っておらず、
躊躇しましたが、
興味というより交差点ウロウロにかけた
手間ヒマを無にするのが惜しい。
フェンスに自転車をロックし、
降りて見ることにします。
毒を食らわば皿まで的で
経済的見地からは撤退が正解な気がしながらも。

前原の不整合

前原の不整合

前原の不整合

階段になっていますが、怖ろしく急です。

前原の不整合

そしてなんと現場には案内が無いの不具合。

前原の不整合

比較用に加工して並べてみます。

前原の不整合

おかげで1億5千万年前と1500万年前の悠久感を
岸壁の向こうの荒川に見てしまうの不見識。

前原の不整合

前原の不整合

ビンディングシューズで登り降りをする不都合。

いささか寄り道に時間をかけ過ぎたようです。
先を急ぐモードで秩父山中の道を走ります。

秩父山中

さほど交通量は多くないものの、
流通に使われる道のようで大型トラックは
多い道でした。
割に剣呑な雰囲気はなく、
こんな道(失礼!)を走ってるチャリがいらあ、
くらいに見られている気がしました。

道は悪くなく、
高度200m〜300mくらいで
トレーニングに丁度良いのか、
サイクリストは数名見かける道でした。

秩父山中

何となくの思い込みですが、
背後からの大型トラックや大型バスの
(運転手の)機嫌が感知できる
高みに達したような気がしている最近です。

秩父山中

峠に達し、
北関東の平野に向けた下りに入ります。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ