「パリ、テキサス」ならぬ秩父、高崎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

趣味で自転車に乗る人ならどうしたって、
近所で危険のない走り易い場所や
地元のサイクリングロードや
景色の良い場所を探してみることでしょう。
それが昂じると輪行なんぞを始めるわけですが、
自分は現在その範疇にて、
エスカレート気味のステータスです。
おかげで旅行嫌いだったのが
鉄道の経路と乗り継ぎに
そこそこ目を凝らすことになりました。

そうして直面している困難は、
東京の多摩方面から北関東へ向かう選択肢の
少ないことです。
どうしても一旦都心に出るのが便利ですが、
都心の駅構内を輪行袋を抱えて移動は、
シミュレーションの時点で既に億劫です。
それと自分の屁理屈によると、
どうも一度は鉄道ではなく
自走でその場に到達していないと
自分への説得力が足りないなんて縛りもあります。

自転車乗りの旅行嫌い
実は旅行が好きではありませんでした。 絵や歴史は好きなのに。 正確には、今でも好きではありません。 さらに正確に言うならば、 旅行にまつわる準備や段取り、 後片付けの手間を考えると、 旅行で得られる楽しみと比較してペイしない、 ...

交通量が多く夏場は暑い都市部を走るのも
また此れ面倒なものなのです。

現在、度々訪れる輪行の北限が秩父です。
秩父自体も自転車観光の盛んな地域ですが、
自分の中では、専ら周辺地域への
橋頭堡としての位置づけになっています。
まずは都心を経由しての移動を避け、
ここから北に足がかりを持ちたいと
思うようになりました。
調べてみると秩父市、
埼玉県内では最も広い市にして、
東京・群馬・山梨・長野に隣接している由。
単なる橋頭堡ではなく、
ハブとしての活用を考えたいところです。
自分の中では、実際にもう
そうなりかけてはいるのですが。

秩父市(wikipedia)

そう見直して見ると、
「古くから交通の要衝であった」等の記述も
ネットで見かけられるものの
その実が秩父往還くらいで、
南北に走る街道が見当たらない。
中山道に持ってかれてしまっているのでしょうか。

ともあれ、秩父を発し秩父を取り囲む山々を越え、
真北の群馬県は高崎を目指すことにしました。
ついに群馬討ち入りにして、
「パリ、テキサス」ならぬ「秩父、高崎」です。

パリ、テキサス(wikipedia)

ハリー・ディーン・スタントン, ヴィム・ヴェンダース 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

西武秩父駅

西武秩父駅から、もう何度目かのスタートです。
最近は駅舎が改装され、
ぐっとキレイになっているのです。

西武秩父駅

とは言ってもせいぜい1年ほど前の風景がこちら。
それでも観光地への成長が窺えます。

秩父市内風景

秩父・荒川風景

荒川と平行して北へ。

秩父橋

秩父橋を通りかかると、

秩父橋風景・記念碑

見て回った時には気付けなかった
記念碑やら案内やらが見つかる皮肉です。

秩父再訪の長瀞編(3)力石に水
続きです。 飯能スタートで県道53号線迂回、 そして長瀞を辿る今回のルートが こちらとなります。 合流した国道299号線、 秩父方面に向かう車道側には歩道は無し。 そして意外なことに、 こちらは路面が悪くありません...

秩父橋風景

その折には、
3代の秩父橋の変遷の案内説明が
あって然るべきだなどと思ったものでした。
エラそうに書かなくてヨカッタ・・・。

強いて言うならば、
案内説明があることの案内があってもよいのに、
くらいでしょうか。

秩父橋風景・橋の解説

秩父橋風景・橋の解説

秩父橋風景・橋の解説

秩父橋風景・田中賞

秩父橋、「田中賞」も受賞だそうです。

錚々たる橋が並んでおります。

秩父橋風景・田中賞

思わぬ寄り道から我に返り、
もう一度北を目指し直します。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ