見逃しイッキ見希望/江戸川サイクリングロード11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

下流に至り、江戸川サイクリングロードも河川敷も
若干人が多めになってきました。
それでも多摩サイの混雑に慣れた身には
自転車走行に危険を覚えるほどではありません。
多摩サイは修行場だったのか・・。

江戸川サイクリングロード・北総線

北総線の江戸川橋梁。

江戸川サイクリングロード風景

取水口もなんだかオシャレに。

江戸川サイクリングロード風景

河口に広がるビル群が遠くに望める残り16km。

江戸川サイクリングロード風景

左は坂川から江戸川への合流の大きな水利施設。
興味はありますが遠くから見えるだけ。
・・そう思ったのが運の尽きで、
大事なものを見逃してしまったことを
後から知りました。

江戸川サイクリングロード風景

江戸川サイクリングロード風景・柳原水門

柳原水門は曲線デザインが美しい。

江戸川サイクリングロード風景・柳原水門

江戸川サイクリングロード風景・柳原水門

もう水利施設が皆オシャレ入り。

江戸川サイクリングロード風景・柳原水門

坂川が水門から利根川に合流する地点。

江戸川サイクリングロード風景・柳原水門

(柳原水門を振り返って撮影)
一般公開してくれないもんでしょうか・・。

江戸川サイクリングロード風景

江戸川とついでにサイクリングロードが湾曲した先に
河口の都市が広がっています。

江戸川サイクリングロード風景・柳原水門

(振り返って撮影)
柳原水門のある土手の下は、昔の坂川の名残です。

江戸川サイクリングロード風景・坂川

江戸川沿いに下流に向かう方向にも坂川の名残です。
SFアニメでたまに見る宇宙にレーザービームが
途切れ途切れに痕に残るようなものか。

江戸川サイクリングロード風景・坂川

そして見逃してしまったのは、
昔この一連の水利施設の中心だった「柳原水閘」。
土木学会選奨土木遺産にして近代化産業遺産。

柳原水閘(wikipedia)

自分の注意力が落ちまくって案内を見逃したか、
案内表示が足りなかったか・・。
「関宿・水閘門」に始まりシメに水閘があると
ウツクシかったのに。
TVでもPCでも見逃しイッキ見がある世の中なのに。

「水閘門」を知る/江戸川サイクリングロード3
続きです。 静御前の生まれ変わりライクなマルチーズと袂を分かち 自転車は利根川の土手を走っています。 ネットで見つけた江戸川サイクリングロードの ルートの北端までもうすぐです。 土手の道沿いに「海から124.5km...

この時はそんなことを知らず、
すぐ眼下に現れた江戸川に吸い寄せられていました。

江戸川サイクリングロード風景

コンクリート土手にひたひたと押し寄せる水は、
もうまるで海のようです。
そして江戸川サイクリングロードを下って初めて、
アレこっちでいいのかな的展開の道。
市道と一緒になっています。

江戸川サイクリングロード風景・国府台地

川沿いの道をしばらく走り左を見ると雰囲気のある坂。
その道端には、

羅漢の井

羅漢の井

「羅漢の井」がありました。

羅漢の井

この上は「里見公園」と「国府公園」となっています。

HPの案内に曰く、
里見公園は「江戸川に面した台地上にあり、
このあたりは国府台と呼ばれここに下総国府が置かれ、
下総国の政治や文化の中心でした。
(中略)
江戸時代に徳川家康が関東を治めると
国府台城は江戸俯瞰の地であることから
廃城となりました。」

羅漢の井

城はそれなりの規模であるらしく見たいものの、
今回はもう江戸川河口へ一直線です。
ここまで時間がかかりすぎ、海着かなすぎです。
実のところ、もう階段を登る元気が
なかっただけかもしれません。

江戸川サイクリングロード風景

見た目だけはもう河口感たっぷりの道を急ぎます。
さすがにサイクリングロードらしい道のまま
海まで到達できるというわけにもいかないようです。

続きます。

<今日のひとネタ>

連休中に気軽に利用できる都内イベントです。

 ブリヂストンサイクルが手掛けるコミュニティ&スペースカフェ「RATIO&C」(レシオ・アンドシー)は4月29日から5月7日までの9日間、ゴールデンウィ…

オシャレなクロモリ自転車の試乗と
走行レクチャーが受けられます。
都心に遊びに出たついでに如何でしょう。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ