残堀川と狭山池公園を周回/野山北・六道山公園6

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

続きです。

野山北・六道山公園周遊を経て、
自転車は残堀川を遡っています。

残堀川上流端

ほどなく辿り着いたそこは・・・、

残堀川上流端

「残堀川 上流端」と案内表示に有り。

残堀川(wikipedia)

「源流」の案内に引かれてここまでやって来たのに、
その末が(始まりだけど)上流端?
仙川下りのスタートも上流端ではあったものの。

仙川に大河を見る(1)河床、じゃなくて川何処?
梅雨入り前から、 今年の夏は東京が水不足になると予報があって、 その通りになりつつあります。 先日に調べたところ、 東京の現在の主要水源は奥多摩湖と多摩川では無く、 群馬の山奥、奥利根湖・八木沢ダムと利根川が その源であるこ...

残堀川上流端

「残堀川源流狭山池」と標識があるので
単なる上流端ではなくやはり源流には違いなく、
池と川とは明確に分けられる、ということか?

狭山池公園風景

そしてその向かいには「狭山池」

★★★★☆ · 公園 · 箱根ケ崎 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎

狭山池公園風景

狭山池公園風景

案内によると池は「古多摩川」が流れていた名残。
現在の多摩川からは5kmほど離れています。

狭山池擁する「狭山池公園」周囲は
特にサイクリングコースではありませんが、
緩く自転車で流すには好適の地でした。
軽く周回してみます。

狭山池公園風景・馬頭観音

池のほとりには馬頭観音。

狭山池公園風景・厳島神社

池の中に延びた島の奧には厳島神社。

狭山池公園風景・常夜灯

狭山池公園風景・常夜灯

常夜灯は付近の日光街道脇にあったものを移設した由。

さらに自転車は池を周回すると・・

狭山池公園風景・調練橋

池の北側には「調練橋」案内。

狭山池公園風景・調練橋

「調練橋」の史跡。
お代官様のパーソナリティに依るもので、
あまり土地柄とは関連が無いように読めます。
軍馬の教練地であった多摩川とも
前述の通り5kmは離れていますし。

狭山池公園風景・調練橋

ここ狭山池から1kmほど南には
米軍横田基地もありますが、
それとも関係なさそうです。

狭山池公園風景・蛇喰い次右衞門

狭山池公園風景・蛇喰い次右衞門

「蛇喰い次右衞門」像。
案内を見ると、かなり治水工事が行われた末の
狭山池と残堀川の現在であるらしい。
ちなみに地図上で狭山池から左(西)に
そのまま目を平行に移動させると、
多摩川の小作取水堰があるのです。
ただしその取水は玉川上水へではなく、
村山貯水池(多摩湖)に注ぐもの。
言及の玉川上水へは羽村取水堰の担当なのでした。

玉川上水は多摩川から搾りたて/羽村4
続きです。 取水口周囲の機械設備を離れると 自転車を曳いて羽村堰の観光的側面です。 羽村堰は土木遺産である由。 サイトには以前自転車で走って見た土木遺産が 名栗川橋など他にもいくつかありました。 ...

狭山池公園風景

池を一周すると上掲のような景色が次々と立ち現れ、
外国のアクション映画に出てくる日本庭園みたいな
どこか無国籍な雰囲気漂う狭山池公園なのでした。

狭山池公園付近・旧日光街道

今度こそ残堀川的な何モノかに遭わず帰路につきます。

ただ交差点で目についた「日光街道」標識。
五街道としての日光街道起点は江戸日本橋なので、
「鎌倉街道」的な呼び方で、
近隣地域からの住民らが日光参拝に向かう際に
一般的に使われた街道なのでしょう。
残堀川に沿って、狭山池を中継点として。

狭山池公園付近・旧日光街道

その旧日光街道が北に向かって延びています。
思えば昨年の晩秋に失敗した奥日光には、
もう一度暖かい〜暑い季節での
避暑的リベンジを誓ったものでした。

日本ロマンチック街道が涼しすぎて/日光いろは坂2
続きです。 日光市街地を過ぎ 奧日光方面へ向かう道中の国道119号はいつしか 国道120号にして「日本ロマンチック街道」。 日本ロマンチック街道(wikipedia) しばらくすると山以外見ると...

それが夏に入るといきなり全力投球の猛暑中。
今度は熱中症ということにもなりかねない勢いです。
この日光街道のはるか彼方を
もう一度辿るのはいつの日か・・。

多摩湖西岸の多摩丘陵のブラウジング、終了です。
・・・追記:
度重なる寄り道で、
往路で見かけた民家のタケノコ屋台に
立ち寄る体力が無くなってしまいました。
以来ずっとそこを再訪することを夢見ているのです。
(大袈裟な)

野山北公園自転車道に昭和が薫る/野山北・六道山公園2
多摩湖および狭山湖の西岸を 自転車で足慣らし行の続きです。 西岸イコール「野山北・六道山公園」となるのですが、 散策向きである自分のこれまでの先入観への チャレンジでもあるのです。 ・・・んな大袈裟な。 上に多摩湖をいただく...
イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ