おそるべしホイールの最高峰DURA-ACE WH-R9100-C24(2)レビューはタヌキ付

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

続きです。

DURA-ACE  WH-R9100 C24ホイールの
荷が届いたのが水曜、
土日にはどこかに出掛けたいなあと思いつつ、
ようやくの荷解きが金曜日でした。
土曜日の夕方にスプロケットの換装、
日曜の夜中にテスト走行、という
中東の神かあるいは亀の如き進行になりました。

さて、荷解したホイールWH-R9100を持ってみて。
軽い。
羽の如し、ほとんど重量を感じません。
見た目でイメージした重量をはるか下回ると
こんな感触が得られるのか、
という感想です。
前後ホイール合わせてのWH-6800と
わずか250グラムの差の筈ですが、
比べて持ってみると
WH-6800の半分以下に思えました。

オンラインショッピング・ネット通販サイトのAmazonなら、SHIMANO(シマノ) ホイール ULTEGRA WH-6800 前後セット R-QR163 アルテグラをスポーツ&アウトドアストアでいつでもお安く。ホイールは豊富な品ぞろえのAmazon。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。

また、他ブランドの最高峰ホイールに比べ地味、
という評価は聞いていましたが、
実際に見た感想としては「たしかに」。
WH-6800を初めて見、また装着した時には
その美しさと高級感に感動したものでしたが、
今回はそういう感慨がほぼ無し。
前モデルとの比較は自分にはできないので、
このクラスはこういうものか、だけで納得しました。

腰痛を気にして昼間は行動を控え、
日曜の夜に、テストがてらの夜ポタに出掛けました。
自室から持ち出す自転車の重量がまず軽い。
フレームの下部の重量がいつもより明らかに減って、
大げさに言えば空振りしそうな感触です。

広く高低差が無く人気のない冬の公園の散歩道を
そろそろと走ってみると明らかに軽いものの
とらえどころのない感じ。
フレームまわりと人体の重量は変わっていないのに
地面に接触する部分だけが軽くなったバランスの違いや、
一漕ぎで進む距離の認識のズレなど。
初めての食べ物の味を頭の中で分類する時のようです。

そんな風に咀嚼しつつ公園を逍遙していると。
遭遇したのが。
タヌキ2匹。

大きな公園とは言えその端の、
駅から15分の住宅街のど真ん中です。
「マジか」の独り言が漏れるレベル。
自転車を降りてフロントライトを向けると
光を避けるものの逃げるでもない。
距離は充分なので即座に逃げるでもなく、
こちらの行動を推し測りかねている様子。
そこに猫・犬がとる人間との距離感と、
タヌキのそれとの違いを感じました。
散歩なのか餌探しかわかりませんが、
邪魔するのもかわいそうなので
自転車に再び乗ってその場を離れました。

その時に気付いたことに、
電池切れか自動のリアライトが点灯していません。
危ないので、想定していた直線コースでのテストは
やめて帰ることにしました。
昨年自転車で走ってついでにさかんに参拝したり
素通りしたり参道で引き返したりした神社のどれか、
たぶん稲荷神社のお導きだったのでしょう。
思いがけず近所でタヌキに遭遇した静かな感動を
そのまま家に持ち帰り、
テストが二の次になってしまいました。
化かされた、というオチでしょうか。

そして先週は腰痛がぶり返し気味で蟄居。

そんな風に2週間をかけ
またしても日曜夜中のポタリングの延長ながら
ようやくまずまずの速度で
走ってみることができました。

その感想としては。
・近所のちょっとした上り坂ともいえないレベルの坂なら
もはや上りと認識できないくらい
・全力で走ってこれ以上脚が回らないと感じる限界が
遠くなってわからなくなった
・横風にさらにブレやすくなり、危険度が増した
・これだけ力を入れて走るとこれだけ進む、という認識の
再構築が必要
・ほか、ホイールの転がりの心地よさが
さほど感じられなかったのは道のせいか気のせいか?
等々。

特に問題なさそうなので次の週末には遠出して、
早く体に馴染ませなくては、というところです。
長距離や上りのレビューはまたいずれ。
次はサルくらい登場するかもしれません。

オンラインショッピング・ネット通販サイトのAmazonなら、SHIMANO(シマノ) DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ ホイール WH-R9100 C24 CL 前後セット ホイールバック付き 33607をスポーツ&アウトドアストアでいつでもお安く。ホイールは豊富な品ぞろえのAmazon。当日お急ぎ便...
イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ