秩父小手調べ(5)知らぬがトンネル編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

行き当たりばったりの総仕上げに、
途中の飯能まで
自転車で帰ることにしました。
その続きで
行き当たってしまいました。
トンネルです。

ルートはこうなります。

そもそもトンネルは使うたびに
自分の恐怖心が増している気がします。
今回、このルートで
3つのトンネルを通りました。
・調べても名前がないトンネル。
・正丸トンネル。

【トンネル】 正丸トンネル〔横瀬町・飯能市〕 – 埼玉県

・吾野トンネル。

【トンネル】 吾野トンネル〔飯能市〕 – 埼玉県

(これは迂回路がありました)

正丸トンネルは入り口に距離の表示があったと思います。
それを見て、これは容易ならざらん事態、と
装備品からフロントライトを取り出し、
ハンドルバーに装着しました。
そしてエイヤと突入。
(としか言い様が無し)

トンネルは恐怖そのものでした。

デフォルトでトンネル内に鳴り続けている轟々音。
時折響き渡る正体のわからない鈍い衝突音。
突如現れる天井からの水でできたぬかるみ。
(それを避けるスペースが無い、
あるいは避けて大丈夫かの判断がつきにくい)
ここですっ転んだら、という恐怖が
普通の道の数十倍。

正丸・吾野とも歩道もありました。
このトンネル内の歩道がクセモノで、
広ければ、もしくは車道との間に
手すりでもあれば最高ですが、

ザ・ドリフターズ結成50周年記念 ドリフ大爆笑 DVD-BOX
こんな風に。
(写真:羽田トンネル)
車道より15センチぐらい高くしただけで、
歩道でござい、
という顔をしてるやつが最悪です。
正丸・吾野がそうであったわけで。
まずい点は、
アーチ構造ゆえ、
上方の壁が上半身にのしかかってくる印象。
もし肩やハンドルの端なんかが
壁に接触して弾かれた勢いで
車道にジャンプすることにでもなったら、
そこに車がいなかったとしても、
暗く着地点がよく見えない路面にうまく着地して
そのまま走り続けられるかどうか。

自分が走った中では、
このタイプの歩道を走るのが
恐怖の最高峰です。
従って、
車道を走ることになりました。

出口までのスプリント力持続と
滑る事態も考慮して
全力の八分か九分くらいの速度でしたが、
気分はもう死に物狂いで走りました。
モノスゴイ幸い、後続の車がなく、
生きて脱出できました。
(たぶん死んでない)
もうこりごりで、
二度とやりません。
それでも秩父は攻略しなければならないので、
よい迂回路を検索してみました。
こちらです。

飯能駅から299経由で秩父まで自転車で行く予定です299は勾配厳しいですか?

距離は増えますが、
峠はありますが、
安全が一番。
次はコレ行ってみよう。
(いかりや長介の声で)

Amazon.co.jp: ザ・ドリフターズ結成50周年記念 ドリフ大爆笑 DVD-BOX: ザ・ドリフターズ: DVD

ドリフのコントを思い出したところで、
このトンネル行もオチがありました。

秩父行きの日から数日経ち、
ふと夜にポタリングに出ました。
近所の大きな公園なんかを
ちょっと回って戻り、
玄関で見るとリアライトが点灯していません。
もう電池切れか? といじろうとして
ぎょっとしました。
オートのスイッチがオフになっていました。
思えば数週前、御茶ノ水の自転車店で
後輪をちょいメンテをしてもらった時、
邪魔になるライトの自動点灯のスイッチを
スタッフさんが切っていました。
あれ以来、スイッチオフだったわけです。
秩父の3カ所のトンネルの中を!!
うおおおお怖えええええ!!
上り車線の後ろから車が無かったからいいようなものの、
ヤバ過ぎです。
エリア・ブラウジングは終わってましたが、
夜の閑静な住宅街の中、
トンネルの恐怖だけ再燃です。

Amazonでいかりや 長介のだめだこりゃ (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

<今日のひとネタ>
笑ってしまいました。
マンガの内容じゃなく、
売れてることが。

『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(以下『翔んで埼玉』)という埼玉県を題材にしたギャグマンガをご存じだろうか。2015年12月の年の瀬に宝島社から発売され、3カ月足らずで55万部を突破したというヒット…

便乗して埼玉をネタにしてしまったので、
気になってたところ。
売れてれば問題ありませんね。

「翔んで埼玉」な埼玉
昔は子供はマンガ雑誌やコミックスを 友人間で回し読みをしていたものです。 今はどうか知りませんが。 福井県に引っ越したのは、 小学校の上級になった頃でした。 新しい住所は田舎町の 新興住宅地の一角でした。 周りの家も、 ...

輪行の次のステップへ
たぶん一昨年の後半くらいから ずっと考えていたことに、 秩父方面を走り回ってみたい、 ということがあります。 泊まることはしたくない前提ですが、 自宅からだと 秩父の端までの往復で120kmほどあり、 それだけで自分の航続距離...

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ