秩父小手調べ(2)薄曇り迷走編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

無駄に脚を使うことを避け、
いつもは基本のルートを決め、
そこから適宜&気分で脱線、
としています。
今回は、ちょっと勝手が違いました。
川下りルートを想定していましたが、
園内の全容がよくわからない羊山公園が
不確定要素でした。
勝手を知らない街の交通事情もあり、
移動距離がいつもと違う気がします。

こういうことはたまにあります。
そんな時の自分の場合は、
「行ってから決める」です。
現地での案内や風景等で
気を惹かれるものが出現することを
考慮に入れているのです。
早く言うと、行きあたりばったり
ということになります。

当日は薄曇りで、
緑や川が映える日ではなさそうでした。
時間も早くはなく、
じっくりゆっくり川下りという気分ではありません。

そんな訳で、
羊山公園と秩父駅近辺の
エリアブラウジングとしました。
秩父の雰囲気を掴むには適当と考えました。
羊山公園までのルートはこちらです。

(サイクリストに叱られそうな距離です)

街なかを少々走り、
羊山丘陵の坂にかかります。
長くはありませんが
結構踏みごたえのある坂です。

f:id:heineko:20160503084754j:plain

saka2

(振り返ります)

上った先は頂上ではありませんが
最初の駐車場やら施設の案内になっています。
地元のアルバイトだかボランティアだかのスタッフが
お揃いのビブで誘導を行っています。

それに従い、
芝桜方面に進路を取ります。
園内の緩やかな坂やいくつもの駐車場を通り過ぎ、

chuushajou

スタッフに指示された駐輪場はこんな感じでした。

chuurin

とくに歓待されているわけでもない、
とも受け取れる設備ですが、
坂が来る人を選んでいるせいかもしれません。
車か、さもなければ散策がてらの
徒歩がここに至る王道なのでしょう。
念のためスタッフに確認しましたが、
園内は自転車持ち込み禁止、とのことでしたので、
木の柵にロックしました。
うーん。

肝心の芝桜ですが。
やっぱりピークを過ぎていたせいか、
デカい花壇、と思いました。

kadan1

kadan2

不思議なことに
学生時代から学校の花壇の花を
美しいと思ったことがないことに
いまさら気がつきました。
きれいはきれいでしたけど。

かわいい子紹介する、と言われて
おっとり少女を期待して出掛けたら
化粧バッチリのモデルタイプ美人がいて、
キョドってしまった、
という感じでしょうか。
まあ好みの問題だと思うのです。
また来年、ということにしましょう。

結局自転車が心配だったせいもあり、
園内滞在5分で出てきました。
ちなみに、サイクリストは見かけませんでした。

最初の案内まで戻り、
左手の坂をさらに上って
頂上の見晴らし台に着きました。

top-of-mt

top2

top3
薄曇りですが、眺めは気に入りました。
目に付いたのはデカい橋(秩父公園橋)。

top4

これを見て帰ろうと決めました。

おそらくこれだろう、
という位置をスマホのGoogle mapで特定し、
川に近い土地らしく曲がった道を迷いつつ進み、
予想外に時間をかけ、
ようやく辿り着きました。

brdg1

・・・かなり違うようです。
案内所のおばちゃんの呪いか?
さもなければ、
探す人の知覚人格品格を疑わざるを得ません。
一応下調べをしてスマホで地図も見て、
なおかつ間違うものか?
我が身に悪態をつきながらも
橋に近づいてみると、

brdg2

おお。

river1

おお。

river2

壮大・雄渾、とまではいかずとも、
さすがは秩父と言うべきか。
悪くない悪くない。
なんとかリカバリーを狙う気力が湧いてきました。

続きます。

<今日のひとネタ>
昨日の記事から。

サイクリング大会:あすから一般募集10月・しまなみ海道/愛媛 – 毎日新聞
で、今日の昼から一般募集開始になっています。

サイクリングしまなみとは、「しまなみ海道」の絶景が舞台のサイクリングイベントです。

すぐ埋まっちゃうでしょう。
エントリーはお早めにどうぞ。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ