パワースポットたるの三峯神社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

続きです。

三峰口駅より三峯神社に自転車はたどり着き、
本殿へは徒歩で参詣です。

三峯神社参道

三峯神社遙拝殿

順路から逸れる遙拝殿方面は
今回ショートカットです。

日本武尊銅像入口

「日本武尊銅像入口」は興味をそそられますが、
写真左端、こっちに進めの指示あり。
順路に従います。

事前に調べたところ三峯神社は山犬信仰があり、

三峯神社の山犬信仰(wikipedia)

動物に優しく故に犬の連れ込み可、
というようなネットの記事を見ました。
実際に犬を連れたおじさんもいたので
舗装さえしてあれば
自分の愛輪ポチも(今名付けました)
連れてきてよいのかもしれません。

三峯神社参拝順路

三峯神社参拝順路

三峯神社参拝順路

山腹に沿って高低を移動。

三峯神社参拝順路

若干滑らなくもなし。
SPDシューズのままなのは
いいことか悪いことか。

三峯神社参拝順路

案内に沿って進みます。

三峯神社参拝順路

狭い山腹を回り込んでいよいよ拝殿へ。

三峯神社はポケモンGO禁止

ポケモンここにもいるんでしょうか。
かえって気になります。

三峯神社拝殿

登ります。

三峯神社拝殿

三峯神社拝殿

三峯神社拝殿

日光東照宮ライクな派手やかな極彩色です。

三峯神社拝殿

三峯神社社務所

「社務所」では定番神社グッズ販売あり。

三峯神社案内

三峯神社拝殿脇

拝殿から右に回り、

三峯神社祖霊社

「祖霊社」と、

三峯神社神楽殿

「神楽殿」とここまで見て回り、
「空気が澄んでいるよね」とか
「パワースポットだし」と
周囲の観光客の言葉が聞こえてきました。
自分としても、
単なる山の中の寒さとは
どこか違うようだと感じました。
風とか冷気が山を下ってくるところの
建物の配置による整流の作用とかが考えらている、
というようなことじゃないだろうか、
と一人で合点してみました。

三峯神社カート駐車場

自分が自転車を曳いて上って来た斜道は
やはりカート向けのものだったようです。
拝殿と同じ平地の並びにありました。
カートは本殿にかなり近い場所まで
来れる訳です。
ここがカート駐車位置となっているのも
それで本殿に参拝がイカンというわけではなく、
石畳とか本殿前が狭く危ないという理由かと
思われました。

三峯神社関係者駐車場

関係者用の駐車場ですが、
邪魔にならなければ自転車はここまで
持ち込せてもらえないかなあ、
と思いました。

参拝が終わると、
自転車のロックが気がかりです。
足元が危ういながら、
小走り気味で鳥居に戻りにかかります。

続きます。

<今日のひとネタ>

用い方と設置するマシンを選ぶと思いますが、
サンコーから面白い充電器の発売です。
スマートフォンを充電できる自転車用発電機
『チェーン式自転車USBダイナモチャージャー』

サンコーは、スマートフォンを充電できる自転車用発電機『チェーン式自転車USBダイナモチャージャー』を発売しました。価格は4980円(税込)です。 自転車用のナビとしても使われることの多いスマートフォンですが、気になるのが電池の持ち。しかし、本製品を使えば、スマートフォンの電池切れも心配無用になるかもしれません。...

最近の自分で言えば遠出の際には、
アナログチックながら
スマホ充電用の外付けバッテリーの
2本持ち歩きが定着してきました。

充電式なら普段街乗り用ライトに
適用したいところですが、
こちらは電池式だったりします。

面白いけど、採用には組み合わせが難しい。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ