三峯神社は寒さか霊気か区別がつかず

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

続きです。

自転車は三峰口駅から
つづら折りとつづら折り、
それにつづら折りを経て、
標高1,000mとちょっと
三峯神社にとうとう到着です。
(まだ駐車場ですが)

三峯神社駐車場

三峯神社駐車場

車・バスを駐車場に止め、
この階段から登るのが普通の参詣ルートのようです。

三峯神社駐車場

この先に車道が続きますが
関係者のみのゲートで止まりでした。
駐車場内を一回りしましたが、
駐輪設備無し、
サイクリストの姿も無し。

三峯神社駐車場遠景

周辺に広がる山々は靄って見えず。
たかだか1000メートルちょいでも
高峰に見えます。

納得のいく駐輪場所が見つからなかったので、
神社に近いところまで持っていくつもりで
先の階段に寄っていくと、
車両から降りるカート用かと思われる
斜道がありました。
これで上まで上ってみます。

三峯神社参道

(振り返って撮影)

斜面を一段階登ると
鳥居に至る狭い平地が
山腹沿いに延びています。
行き止まりだった関係者専用ゲートから
来たらしい道に合流です。

三峯神社参道

自転車OKかとおそるおそる、
徐行で上ってみます。

三峯神社参道売店

大きいのや小さいのや売店がいくつか。
そこそこ収容力があります。

三峯神社鳥居

三峯神社に到着したと
どうやら言ってもよいようです。

旧大滝村、埼玉県秩父市三峰にある三峯神社は奥秩父三峰山山頂、標高1102mに鎮座しています。秩父三大神社のひとつとして数えられ、ヤマトタケル伝説やお犬様信仰など伝説が数多く残っています。境内には社殿や本殿、宿泊施設、日帰り入浴施設、喫茶店などがある。

三峯神社(wikipedia)

ネットで調べて見ると、
関東一のパワースポットの呼び声もあるとか。
また、その霊力故、
気の強くない人はあてられることもあるとか。
気の弱いことなら日本有数で、
霊力も無いことは全き自信の中年1人に、
三峯神社はどんな影響を及ぼしてくれるものか。
期待が高まります。
肩凝りが治るのかもしれません。

三峯神社鳥居

(人が少ないように写真を撮っていますが
早い時間でも参詣者は多めでした)

さて自分の参詣ですが。
本殿までがどれくらい遠いのかが
よくわからないので
自転車をロックして離れるのが心許ない。
近かろうがとにかく何であれ
心許ないのですが
要は川を飛び越えるための理屈が
いくつ見つけられるかだけの問題です。

もとよりその理屈が見つけられず
千葉・香取神宮は鳥居前で
素通りしてきたほどの不信心です。

自転車用ロックのABUS社スタッフの話では
要は定期的に駐輪することがアブナイ、
ということになります。

新宿バイシクルフェスタでヒアリング/バイクロック5
昨日は、新宿バイシクルフェスタに行ってきました。 あいにくの天気でしたが。 あいにくの天気でしたので。 天気が良かったらサイクリングに出掛ざるをえないところで、 この天候がちょうどよかった、というところです。 ちょうど会場についた...

駐輪場及びバイクスタンドが無いほどであれば、
それを目当てに盗難用の機材を持持って
わざわざやって来るヤカラもいないでしょう。
危険は少ないと判断し、
邪魔にならず目立ちもしないが
人目にはつく場所を選び、
鉄柵にロックしました。

それでもなるべく早く戻るべく、
急ぎ足で鳥居の端から
境内を進みます。

三峯神社参道

「境内でのポケモンGOを禁止」だそうです。
ここまでそれだけを探しに来る猛者も
いるのでしょうか。
少なくとも自転車では来ないでしょうが。

三峯神社参道

寒さが強まった気がしましたが、
ヒルクライムを終えて体温が下がってきたのか。
それだけではなくなんとなく、
清涼な気が感じられるようです。
それこそ気のせいかもしれませんが。
肩凝り改善の期待が高まります。

進みます。
続きます。

<今日のひとネタ>

自分がインナーのタイツを買ったのは
相当前になります。
三峯神社行きの輪行時に
足元が特に寒く
よく考えたらコレ冬用じゃないんじゃね?
ということに気が付きました。

ネットで注文、お店で受取りなら「送料無料」!チャイルドシートなどのオプション品の「取付無料」!さらに盗難を含む「3年間の総合補償」もご加入できるなど様々な特典が目白押し!ご購入後もプロの自転車整備士によるアフターフォロ―で安心です。

Tポイントの貯まるYahoo!ショッピング、
来週からはAmazonのサイバーマンデーが
始まるようです。
なんとかお得な買い物をして
冬籠もりの逆の冬遠出の態勢を
立て直していきたいところです。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ