川越はスルー/吉見百穴2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

続きです。

今回の目的地は、
小学生の頃、学研「ジュニアチャンピオンコース」の
「日本列島ふしぎ探検」で読んだ「吉見百穴」です。

吉見百穴 – Wikipedia

おそらく県内の小学校の社会科見学には
必須で組み込まれているスポットと思われます。
ルートはこちら。

川越を通るルートとなりますが、
自分は以前自転車で一度来たことがあり、
今回は通過するだけとしました。
ゴール地点は仮想で
東武東上線・東松山駅としました。
(実のところ、
自分は自走で直帰の予定としました)

鉄道の乗り換えなしで到達できるため、
西武新宿線・本川越駅をスタートとしました。

honkawagoe_st

本来、最寄り駅は東武東上線・東松山駅です。
東松山駅付近のレンタサイクルだと、
こちら、でしょうか。

サイクレーゼ(オシャレな自転車を貸出しています) – 更新情報

こちらは本川越駅近くの東武東上線・川越駅。
本川越駅から乗り換えとすると、
輪行袋を抱えて歩くことになるので、
参考調査としてみました。
・・・自分はムリだと思いました。

kawagoe_st

写真左側に「自転車・バイクを置かないでくれ」の標識。
おかげでだだっ広いキレイなスペースが開けています。

川越は基本スルーとしましたが、
以前来た時に気になっていた自転車スポットについて。
「小京都・川越」で推している区域内でだけ使う、
という内容のようです。

share

tokikane

なお、観光スポット「時の鐘」は工事中でした。

ルートの途中、こんな標識も見かけ、

okuma

右折の衝動にかられましたが、
なんとか直進です。

ネットで掘り下げると、
埼玉の奧には、
派手ではないものの
自転車でちょっと行ってみたい史跡スポットが
ぞろぞろあることに気がつきました。
地域の独自性やテリトリーなんかの諸事情がある様で、
そのためうまくアナウンスされていないのかな、
と思いました。

今回の吉見百穴も
「比企郡」「東松山市」wikiの「歴史」の項目を読むと、
そのあたりが窺えます。
比企郡

比企郡 – Wikipedia

東松山市

東松山市 – Wikipedia

ほか、

hyousiki1

hyousiki2

こういう標識をあちこちで見かけました。

県の管轄かと思うのですが、
こういう観光施策が前もって
自分のような県外からの利用者層にうまく伝わらないのは
非常に残念と言えます。

古墳見たかったんです・・・。

続きます。

<今日のひとネタ>

ほんとにネタレベルじゃないかと思いつつも。

ボストンのスタートアップGeoOrbitalが、手持ちの自転車の前輪と交換に取り付ける駆動輪、GeoOrbital Wheelを発表しました。タイヤサイズ26インチもしくは700c(28/29インチ)の自転車に取り付け、ホイールリムを内側から駆動する仕組みを採用します。SpaceXおよびフォードに務めた経験をもつクリエ...

日本だとそもそもムリじゃね?
な条件満載ですが、
まあクラウドファンディングですし。
夢な部分が多くったっていいのですが、
話半分、と思って
忘れて待つくらいがいいのかもしれません。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ