骨伝導ヘッドホンのレビューその1 買って着けてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

長距離のサイクリングの
特に見どころのない道が延々と続く帰り道など
音楽かラジオでもあればいいのにと
ずっと思っていました。

ガジェットは嫌いではないので、
これまでいくつか自転車用に特化したイヤホンとか
耳元のスピーカとか骨伝導ヘッドホンとかが
発売されると購入を検討しては
その度に見送っていました。

理由はロードバイクやクロスバイクなど
それなりに高価な機材を使うと
普通よりもかなりスピードが出てしまうため、
危険を避けるためには目と耳を
フルに活用しなければならないと結論したからです。
耳を塞がないとしても、です。
あと、製品が値段に見合う性能や使い勝手に
到達していないように見えたことも大きい。

しかし最近では
iPhone7もイヤホンジャックが無くなるとか
配線の全く無いAirPodsの発表とか
Bluetoothがいっそう加速した感があり、
スマホ経由のオーディオ製品が
また次の次元に入ったような気がしています。

24時間のバッテリー駆動時間。「聴く」という体験を変える使いやすさ。インテリジェントな性能。そのすべてを備えたAirPodsは、ほかのどんなワイヤレスイヤフォンにも似ていません。

それで改めて
耳を塞がない骨伝導のヘッドホンを見てみると、
だいぶ前に見ていた時よりバリエーションが増え、
値段も手頃な製品が多数出ていることが
わかりました。
高価くなく評価も悪くない製品で
試すくらいはしてみても良さそうです。
使う場所を選ぶのであれば、
自転車で使うのもアリではないか?
そう考え、
少し貯まったポイントも使って
安めの骨伝導ヘッドホンを購入して
試してみました。

買ったのはこれと同タイプでした。

BliGli 骨伝導 ヘッドホン bluetooth ハンズフリー機能搭載 ヘッドセット 高音質 ワイヤレス スポーツイヤホン 防水防滴防汗 2台と同時に接続可能 badasheng BDS-662Bがヘッドセットストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一...

似たタイプや同タイプ沢山で、
自分の基準作りとしては良さそうです。

kotu-bako

kotu-case

マニュアルは中国語・英語です。
安さの秘密はここに。

kotu-product

博物館やイベントで配られる音声案内機材を
思い出す品質です。
まあテストで粗略に扱っても可と思えば。

さて着用してみると。

<着用感>
頭の形にうまくフィットしなかったです。
自分は成人男性では頭が小さい方で
製品本体の周長と合わず、
後頭部両側面に余った様な感じ。
縮められる構造になっておらず、
形状も変わらないので
・耳上に掛かるポイント、
・耳と頰の間に接触する骨伝導部分、
・後頭部に触れる部分、
だけで位置を確定させ被っている形。
ジャストフィット感には遠いです。
もう少し普通の頭の大きさであれば、
適度な締め具合が得られるのかもしれません。

それでは使用感と、
そして自転車での使用はというと。

続きます。

<今日のひとネタ>

「東京アースデイ自転車ライド」
プチ・アースデイライドの予定が更新されています。

一度参加してみたいと思いつつ。
天気は悪く無さそうです。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ