記憶の中の自転車(1)仮面ライダー自転車、酔漢と闘う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

体調不良にて、
以下、昨年7月の旧ブログからの転載でお茶濁しです。


街なかの川を追っかけ、
いろいろな風景の川をいろんな角度から眺めたら、
子供の頃の記憶が甦ってきました。
その中に自転車にまつわるエピソードがあったので、
いい機会だと思い、
それを書いてみることにしました。

昭和40年代から50年代の昔は、
仮面ライダーの新しいヒーローが出ると、
それを模した飾りのついた
子供用自転車が発売されていました。

仮面ライダー 自転車 – Google 検索

皆、この類いの自転車に乗っていました。

今もあるのかもしれませんが、
特に見かけることもないので、
往年のヒットほどではないのでしょう。

自分は当時幼稚園児で、
仮面ライダーV3のモデルを
買ってもらっていました。
特にV3が好きだった覚えもありませんが、
自転車購入時のヒーローがV3だったのでしょう。

それで、問題の記憶ですが、
当時、そのV3自転車でもって、
兄や近所の友達と
自転車に乗る練習をしていたようです。

そしてふらつきながら自分が走った先に、
同年の友達のおじさんが立っていて、
それにぶつかったものらしいのです。
おじさんは酔っ払って棒立ちでそこに突っ立っており、
労務者風のズボンの正面は失禁で色が変わっていました。

同年の友達は「ヒロちゃん」と呼ばれていて、
自分は名字も覚えておりません。
彼のお母さんは離婚して出戻りで、
同居している兄であり友達のおじさんは
何をしているのか得体がしれないとされていたようです。
田舎の狭い社会の中では
あまり評判の良くない家でしたが、
子供らは、元よりそんなことは知らず
そこは区別なく遊んでいました。

自分は特に怪我もなかった筈ですが、
立ち直るよりも先に、
驚いたことにおじさんが覆い被さってきました。
うろたえ逃げようとして藻掻き、結果
背中におじさんを背負う格好となりました。

おかげで正面や周囲が見えるようになると、
一緒にいた友達や兄が少し離れて
困惑してこちらの様子を窺っています。
恐怖で半笑いのようになって助けを求めると、
・・顔を見合わせるだけで助けてくれません。

やむなく被さったおじさんを引きずるようにして
ヒロちゃん宅を目指し一心に歩き続け、
時折周囲について歩く友人らに助けを求めるも
困った表情しか返してもらえない、
ということを繰り返しました。

ヒロちゃん宅に辿り着き、
おそらく酩酊した頭でおじさんは
カクホを解除してもよいと判断したのでしょう、
拘束がゆるんだところで
おじさんを振りほどいて逃げ帰ってきました。

友達の誰もおじさんから助けてくれなかったことを
長いこと恨んでいたような気がしますが、
事件そのものは忘れたかったのに違いなく、
前後を覚えていません。

V3自転車はその時、
ひっくり返って地面にぶつかったらしく、
フロントガラスが割れてしまいました。
あるいはまた別の機会だったのかもしれません。

その事件によって
自転車が嫌いになったということもなく、
恐怖だけの記憶ですが、
余所目には大笑いでしかなかったかもしれません。

あえて今何か言うならば、
ヒーローは現れなかった、と
酔っ払いが大嫌い、
ということでしょうか。

ちなみに自分、
V3ではなく仮面ライダーXが
自分の時代のヒーローだと思っているのです。
ウルトラマンならエースなのです。

S.H.Figuarts 仮面ライダーX & クルーザーセットがフィギュア・コレクタードールストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
ULTRA-ACT ウルトラマンエースがフィギュア・コレクタードールストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーV3 ハリケーン 約190mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュアがフィギュア・コレクタードールストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

<今日のひとネタ>

ワイズロード神戸店から、
「春の春の乗り出しキャンペーン」のお知らせです。

【春の乗り出しキャンペーン】始まってます!!期間限定!!!|日本最大級のスポーツサイクル専門店、-Y'sRoad-ワイズロードのサイトです。

まだまだ寒いのですが、
いざ暖かくなってから準備を始めて
よい季節を無駄にするのは避けたいところです。
服装の難しい時期なのが困るのですが。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ