鎌倉とかいう所をふと通りかかる(3)アレこんなところに切り通し

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

続きです。

鎌倉ふと通りかかりルートです。

参考の紅葉観光サイトも再掲です。

鎌倉の紅葉の見頃情報について掲載しています。また、紅葉を地域別に名所を紹介しています。この秋には紅葉の旅行のチェックに便利!

JR横須賀線・北鎌倉駅発で
鎌倉が観光客で満ちる朝のうちに
逗子に撤収するヒットアンドアウェイ方式。

県道21号線を進みます。

神奈川県道21号横浜鎌倉線(wikipedia)

東慶寺前

自転車で走り出すとほどなく、
東慶寺着です。
もとい東慶寺とかいうところ着です。

東慶寺(wikipedia)

東慶寺

ものスゴいデザインのコートを着た
立派なカメラ機材の観光客が先着で、
撮影スポットから動かず。
10分程度待ち。
観光客が出揃ってきたらこんなものでは
済まないことでしょう。

東慶寺境内

東慶寺境内

写真だけ撮って、
東慶寺とかいうところ離脱です。

鎌倉小道

何でも無い小道が紅葉の美しい有様。

県道21号線

鎌倉小道

また紅葉に引かれ脇道から。

県道21号線

戻ったりしているとすぐに、

建長寺

建長寺なる寺、到着です。

建長寺(wikipedia)

建長寺境内図

駐輪場ではなくバイク置き場でしょう。
駐輪施設は見当たらず。

建長寺境内図

自転車で境内に入るのは無理はもとよりとして、
通り抜けができるのかが不明。

建長寺境内

そんな心配無用、
そもそも門が閉まっていました。
広い広い駐車場で、
観光客の数が想像されます。

建長寺境内

建長寺境内

塀越しに立派な建物が見えますが、
境内地図によるとあれで三門であるらしい。
恐るべし鎌倉。

建長寺境内

ルートに復帰します。

巨福呂坂

遠くにトンネルが見え、
全く予備知識無かったため、
ちょっと緊張します。
なにせ通りすがりなものですから。

巨福呂坂(wikipedia)

鎌倉7口のうちの一つ、巨福呂坂なのでした。
かの有名な切り通しは
北鎌倉の向こうにあるものかと思っていましたが、
鎌倉は想像以上に狭いらしい。

巨福呂坂

巨福呂坂

「巨福呂坂送水管路ずい道」と読めます。

巨福呂坂(wikipedia)

巨福呂坂

興味津々ですが、先を急ぎます。

巨福呂坂

景観重視でもありますが、
カッコイイトンネルです。

巨福呂坂下り

巨福呂坂下り

そのまま下ってカーブを曲がると、

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮

もう鶴岡八幡宮(西側)です。
もとい鶴岡八幡宮とかいうらしいです。

鶴岡八幡宮(wikipedia)

サイクリストが時折、
立ち止まる自分を追い越して走って行きます。
ロードバイクは鎌倉を通り過ぎるのはともかく、
鎌倉の史跡名所巡りには
向いていないと言わざるを得ません。

電動アシスト自転車が
鎌倉観光には最適でしょうが、
今のところここまで、
レンタサイクルの案内を目にしていません。
よっぽど観光客ケア不要の町、
ということなのでしょうか。

続きます。

<今日のひとネタ>

スマートグラスの開発中情報です。

Everysightはサイクリングに使用できるARスマートグラスRaptor AR smartglassesを発表した。心拍数や速度などサイクリングに必要な情報を、ライダーの視界を遮らずに表示させるスマートグラスだ。

Garminの「VARIA VISION」が
先に発売になっていますが、
サングラスに取付ける、
Garmin Edgeとの連携など、
前提条件が諸々あるのが敷居高めな印象です。
(あと価格・・・)
「全部入り」がわかりやすく、
かつカッコイイと動画を見て思います。

GARMIN (ガーミン) VARIA VISION J インサイトディスプレーがサイクルコンピューター・GPSストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ