湯島天満宮周辺を徒歩とホイールが上り下り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

続きです。

湯島天神の湯島天満宮、周辺を見て回ります。
階段は徒歩、坂は自転車です。

湯島天満宮(wikipedia)

湯島天神風景

お茶の水方面からやって来る参拝客向けの
もう一つの入り口。
そこからさらにぐるりと周囲を廻ると、

湯島天神風景

本郷方面からの客にはこういう見え方。
(ああ往年の通勤路)

湯島天神風景

境内の下は段差を利用した駐車場。たくましい・・。

湯島天神風景

上野・不忍池方面からの参拝客にはこんなアプローチ。
春日通り・切通坂は自転車乗りには悪くない坂です。
切り通しとは全く気付きませんでしたが。

湯島天神風景

商店街とその裏をぐるり廻って、
湯島天神の西側の崖下にアプローチです。

湯島天神風景

観光地としての矜持がちょっと・・・。

湯島天神風景

男坂(wikipedia)

湯島天神・女坂

湯島天神・女坂

HPで見た光景、らしき風景です。

宣材写真、相当盛ったなあ、という感想。

湯島天神・女坂

女坂を登り、
湯島天満宮は西側入り口にたどり着きました。

湯島天神風景

「講談高座発祥の地」だそうです。

湯島天神・男坂

「男坂」を見下ろします。
たしかに着物の女性では厳しそうです。

湯島天神・男坂

湯島天神・男坂

湯島天神・男坂風景

関東大震災からの「復興地蔵」

湯島天神・男坂

男坂・石段の蹴上げの高さは、
規則的に違えてあって登りも降りも何だか不都合。
何の意味なのでしょう?

大きな通りに直結していない男坂・女坂からやってくる
参拝・観光客はほぼ皆無。

周囲は小規模なビルやマンションで埋まっていますが
ハケ上より下町らしい雰囲気で、
その中のあちこちに休憩用ホテルが散在します。
江戸期にはおそらく参拝を済ませた遊山客の入る茶屋で、
ひいては料亭や風呂屋に発展、
時代が降るとホテル経営にというパターンがあるらしい。
渋谷の円山町のホテル街なんかが典型の模様。

円山町(wikipedia)

ハケ下らしい湧き水があったような史跡は目に付かず。

湯島天神周辺

湯島天満宮・お茶の水方面の風景です。

新ホイールのデュラエースWH-R9100-C24-CLの
機動力の面目躍如、苦も無く坂を上り
あっという間にハケ上に移動なのです。
「そのモビルスーツの性能のおかげだという事を忘れるな」
身に沁みておりますとも、銀行口座が。

オンラインショッピング・ネット通販サイトのAmazonなら、SHIMANO(シマノ) DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ ホイール WH-R9100 C24 CL 前後セット ホイールバック付き 33607をスポーツ&アウトドアストアでいつでもお安く。ホイールは豊富な品ぞろえのAmazon。当日お急ぎ便...

湯島天神周辺

ハケ上の周辺は中小クラスの企業用ビルの中に
古そうでかつ会合なんかで使われそうな
値段の上限の知れない割烹料理屋が
脇道に散見されます。
府中のような農村ベースとは背景が違うものの、
都市部でもハケの上下の違いは面白い。

本物のハケの道(2)上ったり下りたりを繰り返し
続きです。 「ハケの道」ミニチュア版を府中郷土の森博物館で見た後、 自転車は本物のハケの道に突入しています。 住宅街でもあり、徐行ではないものの低速モードです。 住宅地の間から不意に覗く見晴らしが 通る者に浮遊感を...
本物のハケの道(4)高低差は異世界との距離とも思ゆる
府中崖線・ハケの道ののんびりサイクリングが 続いています。 まもなく出口となる筈で、3km程度の道です。 ごくたまに見かけるハケ上の農地は畑ばかりでした。 街なかにそびえるデッサンにも見え...

湯島天神・実盛坂

湯島天神周辺・実盛坂

こんな坂がいくつもあり、
往年の通勤時には、
いつか全部登り降りしてやろうと思っていたものです。
(遠い目)
自転車で坂の行き来をするには見た目の楽しい街なので、
それだけのためにまた来ようという気になりました。

湯島天神周辺

そのまま御茶ノ水方面へ下り、
想定ルートに則り世田谷方面に向かうのです。
湯島天満宮と周辺地域のブラウジングを終了です。

次回、新ホイール導入によるこれまでに無い変化が。

続きます。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ