桜前線を後追い編 ー After the Festival4(舎人公園)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

続きです。
水元公園を出て舎人公園に向かいます。

ルートを再掲です。

dscn3186

日暮里・舎人ライナーの舎人駅に
辿り着きました。

信号を渡って舎人公園入り口。

dscn3195

舎人公園 – Wikipedia

dscn3193

左側には、自転車の入り口あり。

dscn3197

dscn3198

さて早速ウリの桜が、と思ったところ、
「駐輪禁止」の看板の位置が気にかかります。

dscn3199

今日は水辺について目がオゴっております。
なんとなく作りに違和感を抱きました。

dscn3202

桜並木はまあまあ。
この先、中央の池を右回りにコースを取ります。

dscn3204

「自転車は降りてご通行ください」
右側に数台駐輪してあり、
自転車をここに置いていかなければいけないのか、
降りて曳いていけば通ってよいのか、
2分間、黙考。

dscn3205

こういう橋は必ず歩くことにしているのですが、
結果、今回は断念としました。

dscn3207

池回りコース。
お約束の花吹雪がありました。
散り頃真っ盛りです。

dscn3214

dscn3216

うーん、この手すりは残念な感じ。

dscn3217

dscn3218

dscn3219

dscn3220

dscn3225

dscn3237

池の奧が高台になっていました。
公園一望を期待し、上ります。

dscn3234

上りきって、
まずは園の北側の街を一望。
・・・あまり面白くない景色。

dscn3231

展望台園内一望・・・・。
というには高さが無く、
カタストロフィ不足。
池があまり見えません。
高台、というには高度はさほどでもなく、
展望台、としては妙に低い建物でした。

dscn3227

実は、池を一望しようとすると、
視界にTOILETが飛び込んでくる
構成配置になっております。
位置的にも広場の中心がコレ、で
モノスゴイ違和感。

dscn3241

ござそり滑り場(?)
正式名称がわかりませんが。

dscn3242

池の残り半周に戻ります。

dscn3246

dscn3248

ご自慢の桜で締め。
舎人公園のひとり千本桜まつりの一週間遅れ、
終了です。
前線遙かに遠く、
銃後というか大本営というか、
散り頃の盛りというか、
でしたけど、まあまあの納得感です。
・・最後の写真2枚の左手には池なんですが、
その間にまたしても立派ながら
TOILETが配置されており、
撮影には不向きでした。
公園設計時になんか小難しい
TOILETレギュレーションでもあったのでしょうか。

公園入り口広場まで戻ってくると、
何やら政治的らしい集まりを始めるところでした。
集会所的な使われ方もするのかな?

先に水元公園を見てしまったせいか、
いろいろ違和感を抱く舎人公園でした。
寄せ集めというかコンセプトブレブレというか、
お約束のものを配置すればいいという考えなのか。
陸上競技場と野球場がある複合施設だからか。
公園自体の歴史の差かもしれません。
水元公園が50年、(とどこかに書いてあった)
舎人公園が35年ほど。
15年の蓄積の差、ということなのでしょうか。

特に気にするところではなく、
見方として
大きな公園を一度に2つ見ると、
どうしても比較になってしまうのかも。
今後に向け反省です。

一度に、ということだと
野川でも公園を3つほどハシゴしました。
あれは「野川複合公園」とでも言うべき、
公園が3ブロックに分かれてたイメージだったなあ、
と。

春の野川はさらさらゆくよ(1)春が足踏み編
ここ数週間、土日になると空が白いです。 要するに、週末が必ず曇りです。 花がキレイな季節で、 モチーフの背景が白では実に退屈です。 もったいないこと、この上なし。 週の半ばともなると お天気アプリの週末予報チェックが 頻繁...

「ここは武蔵野公園」「野川公園」
「ここが武蔵野の森公園」
と言える人はまず居ない、のじゃないでしょうか。

ゲーテに倣ってに庭園(公園)の造園について
お勉強してみてもいいかもしれないな、
と思ったことでした。
おしまい、です。

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ