桜前線を後追い編 ー After the Festival2(水元公園・上)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

あらためて、JR市川駅から水元公園、
そして舎人公園と、コースを設定しました。


江戸川サイクリングロードを降りてしばらく、
水元公園に至ります。

水元公園(wikipedia)

dscn3067

水元公園の入り口のひとつ。

dscn3071

日本列島に見立てると、
北海道あたりに上陸したことになります。
そこへいきなりの桜です。

前線ははや、遠いものの
言うなれば、散り頃。
桜吹雪に桜の絨毯。

dscn3073

dscn3076

dscn3079

dscn3080

この辺り、人間で言うと首にあたり、
公園の幅が最も狭い位置。
沿道に出てみて、歩道から桜並木を撮影です。

dscn3088

dscn3092

金魚展示場!

(おそらく)設備費用や維持コストが
水族館とかに比べて低くて、
子供も大人も楽しめる手軽にアイデア、
に思えます。
正直、見たい。
きっとものすごくキレイ。
こういうとき自転車は(盗難が)困ります。
幸いというか早朝にて閉館中。

dscn3093

両側が水辺、という道です。
ぐいぐい攻めてきますね。

dscn3095

デカい池、ではなく、
「小合溜という準用河川」(先のWikipedia参照)で、

dscn3098

見えるのは池の向こう岸、ではなく、
川の対岸の埼玉県立みさと公園。
他県でしたか・・・。
いやあ埼玉遠い遠い。

dscn3103

dscn3099

dscn3110

あちらは埼玉です。遠い遠い。(くどい)

dscn3111

dscn3115

あちらは埼玉です。遠い遠い。(くどいくどい)

dscn3114

公園の胸か腹のあたりです。
ここに至り、
ようやく水元公園の広大であることを
実感として思い知りました。
そして今、写真を貼っていて今一度、
それを思い知りました。

要するに、言いたいわけです。
続く、と。

<今日のひとネタ>
筑波山は数年前から行きたいと思っていて、
まだ実現していないもののひとつ。

記事を読むと、
「柏〜筑波サイクリング120キロ」
「サイクリストは50〜70代の男女で」
地味にハードルが高い・・・。
イベント知りませんでしたけど、
どうやって集まったのだろう?

イクリング・ブックのストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ